2018年08月22日

野良犬みたいな美しい姿

こんばんは。
今日も暑い一日でした。ベランダで植木に使った古土を干しているんですけど、殺菌するには良い温度だったかもしれません。^^;

さっき、ルビーの夕方のごはんが終わったのですが、その後排泄をして眠りにつく前に、最近は一度抱っこをご所望になられる彼女です。抱っこで脱力してからベッドに運んであげるとすんなり眠りに落ちていけるようなんですよね。
昔は食べたら即寝!^^;みたいな彼女でしたが、落ち着いて眠りに落ちるためのワンクッションが必要になってきたのかな。これも成長(=変化)の一つだと思うと、自分なりに理解しうる範囲内ででも(まだ見えてないこともあると思うので。^^;)犬に優しい取り組みをしてきて良かったと思う瞬間です。抱っこをご所望いただけるということはそういうことだと思うので。

そんな彼女の最近のお散歩姿。↓
180815_01.jpg

そしてこれは2月のさいたまお散歩トレーニングでのみなさん♪↓
180822_01.JPG

散歩中の犬たちの自然な姿勢が表れているんじゃないかなあと思ったので持ってきてみました。みんな頭を低めにして歩いていますよね。

私がルビーとの関係をやり直し始めたころ、お散歩中に彼女が私の方を満ち足りた表情で見上げるのが嬉しくて、そのたびに彼女の好きなもの(=砂肝や豚レバーを焼いたやつとか)を口の中に放り込んであげていた時期があります。当たり前ですが、ルビーは私の方を見上げながら歩くようになって、その姿を見た道行く人が彼女を褒めてくれたことがありました。
ずっと頭を上げたまま歩くということが犬の体にとって不自然なんだと知ったのはその少し後のことです。

ドッグトレーニングの世界では、まだまだお散歩中にずっと犬が飼い主のすぐ横を歩くこと(脚側歩行)を強制したり、またその上で飼い主を見上げながら(頭を高く持ち上げながら)歩くことがよしとされる傾向があるかもしれません。ですが、実はその”上を見上げる”という姿勢は無理にさせると身体的に負担がある(首を傷める)といわれています。

頭を下げ気味にして地面近くに漂う匂いを嗅ぎながら歩く、その姿勢が犬にとって自然であること。
また、匂い嗅ぎは犬にとって鎮静効果があること。
そして、その匂い嗅ぎの姿勢は、相手や自分を落ち着けるボディランゲージであること・・・
などを知ると、穏やかにお散歩する為に必要なものは何か?ということが見えてくるような気がします。
それに、常に飼い主のすぐ横を歩いていなくても、呼んだら来てくれるという関係になればいいわけですもんね。

野良犬みたい、って言う声もあるようですが、^^;リードを付けていない彼らの姿が犬本来の自然な姿かもしれない、というところに思い至れる自分でありたいです。

なんだか台風が次から次への生まれてますね。九州、四国、そして西日本も影響が出そうなのかな。どうか被害が出ませんように・・・!


***座学のお誘い*********************
お散歩トレーニングに興味のある方、ぜひ参加してみませんか?↓
2018年9月24日(月・祝)9:45〜11:45
******************************


応援よろしくお願いします♪
posted by カエデ at 18:20| Comment(0) | 犬ってどういう動物なの? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする