2018年09月17日

まだまだ育ててます

こんにちは。
今は雨降りになっちゃいましたが、昼間は気温が上がって暑い一日でした。近所のキバナコスモスがきれいに咲いていましたよ。

180917_02.jpg

犬育て。
植物育てる時の土づくりに例えることの多い学びです。土の中の栄養が悪かったら太くて丈夫な幹が育たないから、土づくりはとっても大切。

老いも含め、一生成長し続ける命。
成長の過程で何が起きるたびに、自分が持っている引き出しからその時必要なものを取り出せるように、という学び。私もまだまだその学びの途中です。(飼い主としての自分を育ててる途中です。)

道具や方法など、引き出しから取り出すものだけを持っていても、それを取り出す人が犬にとってどんな存在なのか、どんな風にそれを使うのかで、彼らにとってはそのものの意味が大きく違ってくると感じます。
だからまずは自分が犬にとって最高の存在(=彼らが身を守ろうとしなくていい存在)になるよう、叱らないことを含め安定した自分を作ったり、よりよい接し方を学んだり、がとっても大切なんですよね。

でもすべてのことを一辺にできるなんてことはないので、道の途中を歩いている自分も大切にしたいな。
より良い状態を求めて一歩一歩進んでいるうちに、だんだんと家族になって、そしてどんどん愛しさが増す・・・。一緒にいればいた分だけ愛しさが増していくなあと感じます。

180803_01.jpg

賢いからとか、何かが出来るから愛しいのではないのですよね。
犬だって、年を重ねれば出来なくなっていくことの方が増えますもん。
でもできなくなっても愛しいですよ。

「あなたは犬の何が好きですか?」
って聞かれるとそれだけで胸がいっぱいになります。

犬の何が、というよりも、

「犬だから好き」

そう実感するからかな。

犬はそこにいるだけで愛しい存在です。



* * * * * * <<<座学のお誘い>>> * * * * * * * 
犬との暮らしに悩みの方、お散歩トレーニングに興味のある方、
ぜひ参加してみませんか?
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
            
   2018年9月24日(月・祝)9:45〜11:45
******************************
↓↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


posted by カエデ at 17:57| Comment(0) | ルビーとの取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月16日

聴いてもらうということ

ひょんなことから、久々に目を通したお気に入りの本。


お気に入りというか教科書というか。

犬達も、安心して自分を表現できて、それをただただ聞いてもらえたら楽だよね、と思いました。

何も聞いてくれようともせずに無理やり自分を変えようとする人よりも、
ただただ自分の話を聞くということをしてくれる人がいたら、どんなに心休まるだろう。

パニクった時やいきり立った心に届くのは、そんな人の声や介入なのかもしれないなと思います。

150903_02.jpg

犬の言うことを聞けるようになるには、彼らのことばを知らなければならない。
そして聞こえているということを彼らに伝える為には、
彼らに通じるような方法でそれを伝えることが必要なんだなとつくづく思います。

だから、今よりももっと犬達のボディランゲージを理解して、
もっと使えるようになりたいなあと思います。





* * * * * * <<<座学のお誘い>>> * * * * * * * 
犬との暮らしに悩みの方、お散歩トレーニングに興味のある方、
ぜひ参加してみませんか?
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
            
   2018年9月24日(月・祝)9:45〜11:45
******************************
↓↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
posted by カエデ at 23:50| Comment(0) | ボディランゲージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月15日

犬も猫も

こんばんは。
一日中雨でどんよりな日でした。頭痛がひどくて辛かった・・。気圧やお天気に体調が左右されるワンコ&ニャンコは辛いですよね。どうぞご自愛くださいね。

180915_01.jpg

猫のチニタくん。ハーネスは平気なのですが、ハーネスにつけたリードは気になるようです。先代猫のフーラはどちらもなんにも気にしない子でしたが、そういう個体の方が猫の中では稀有な^^;存在だなと感じます。

リードを引っ張られたりしなくても、視界に入るのがうざい^^;とか、あるようです。背中にリードが乗っちゃったりするのも嫌がるので、なるほど、これがプリミティブなワンコ(和犬さんとかチワワとか)に多い現象なのね!と腑に落ちた記憶があります。

なので、チニタにリードを着けて歩かせるときはリードワークをとても気にするようになりました。もとを正せば、ルビー(犬)の為に負担の少ないリードワークを学んできたのですがその結果、それがチニタとの関係にも生きてるなあと感じます。

犬と猫の接し方について考える時、よく思い出すのが「動物が幸せを感じるとき」のこのくだりです。

猫は、行動も他の家畜と大きくちがう。罰や負の強化(嫌悪刺激を与え、望むことをしたらそれを取り除くことで学習効果を高めること)を使って訓練できないのだ。(「動物が幸せを感じるとき」p.93)

そして、以下のカレン・プライアの言葉を参考として記しています。

野生の動物をペットにした経験がある人なら誰でも知っているが、訓練するのは難しい。たとえば、リードをつけて歩くようオオカミに教えるのはたとえ子供のころから飼っていて、人にとてもよく馴れていても、かなりむずかしい。こちらがリードを引くと無意識に引きもどす。強引に力を込めて引くと、普段はどんなにおとなしくて社交性があっても、パニックを起こし、逃げ出そうとする。(「動物が幸せを感じるとき」p.94)

リードをグイグイ引っ張られたりリードショックをされても、嫌がったりパニックを起こしたりせず人間についてきてくれる犬のなんと多いことか。と思ってしまいます。
犬はそれでなんとかなるからそのままでいいんじゃない?
とは私は思えないのです。
その寛容さに甘えていたら、もっと仲良くなれるはずの可能性を自ら捨ててしまうことにならないかな・・と。

リードショックや、リードを引っ張って言うことをきかせようとすることは犬の身体にも悪いし、(首にある重要な器官を傷めたり、体がゆがんだりする可能性があります。)何より、嫌な刺激から逃れるために言うことをきく、というのは犬からしたらどうなんだろう。
犬だってリードショックしたりグイグイひっぱったりしなくてもお散歩できるのに、嫌悪刺激を与える方法をわざわざ選択することはないのではないかなと。
嫌なものが少ない暮らしの方が暮らしやすいしハッピーではないでしょうか。私たち人間もそうですよね。

ということで、12月には埼玉に先生をお招きしてのリードワーク・ワークショップを計画しています。
先生の今日のブログはこちら。
リードワーク・ワークショップの準備が整ったら、日程などをこちらで告知しますので、チェックしていてくださいね。

また、宣伝ですが^^;今月24日(月・祝)には、「犬とまんまる」主催の座学があります。お席はまだ余裕がありますのでよろしかったらぜひ。


↓↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
posted by カエデ at 23:50| Comment(0) | リードワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。