2018年09月08日

興奮って悪いもの?

こんばんは。
今日も暑い一日でした。

180908_01.jpg

録画してあった「ネコメンタリー 猫も杓子も特別編 村山由佳ともみじ 軽井沢の日々よ 永遠に」を見ていたら、もみじちゃんが子供の頃飼ってた猫にちょっと似ていてキュンとしてしまった。

子どもの頃飼っていた子猫とは本気でじゃれ合いっこ、戦いごっこをして、手も足もよく傷だらけになっていたものです。
そんなある日、我が家の縁の下に迷いこんできたシェパードの子犬のまるちゃん。「ついに犬とも暮らせるのか!?」と心をときめかせたのもつかの間、1時間もしないうちに飼い主さんがやってきて、まるちゃんはホッとした様子でお家に帰っていきました。
残念だったけど、でも良かった。

* * * * *

動物が好きだという自覚があっても、接し方がわからなかったり間違えたりすることってあるなあ、と自分の経験からも思います。

犬が興奮して声が届かないと、興奮させることが良くないことのように思えてしまって、楽しい興奮さえ許容できなくなったりします。

私が初めてお散歩トレーニングに参加した時、みんなと歩くのが嬉しくて仕方がない様子のルビーに声が届かなくて、
「こ、これは興奮しすぎなのではないか?」
なんて思ったこともありました。

でも実際は、ルビーはただただ嬉しかった。
そして、それを理解できない私だったからこそ、私たちの関係はまだちぐはぐだったのでしょう。

インターネットには、”○○すると(しないと)××になる”というような、犬飼い初心者を不安にさせる情報がまだまだ沢山あるなあと感じます。

甘噛みを放っておくと本気噛みになるとか、今回の話で言えば興奮させるとストレスになるとかもそうですよね。
でもよく考えてみれば、私達人間も生きていれば勝手に興奮します。^^;
スポーツ観戦やミュージシャンのライブ、それに絶叫マシンにわざわざ乗ってでも興奮しようとするし、(笑)友達と話していたって大笑いして興奮したります。犬たちも同じなんじゃないかな。
興奮しても興奮のスイッチが切れれば問題ないわけですし、脳内のその回路は使えば使うほど太いものになっていくそうです。
また、必要な時には人間が介入することでスイッチが切れるよう、聞く耳を持ってもらえるような接し方を日ごろから意識することは、犬との暮らしの基本だなあと感じています。
ストレスを気にしすぎて、犬たちから楽しみを奪わないであげたいなと思います。



* * * * * * <<<座学のお誘い>>> * * * * * * * 
犬との暮らしに悩みの方、お散歩トレーニングに興味のある方、
ぜひ参加してみませんか?
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
            
   2018年9月24日(月・祝)9:45〜11:45
******************************
↓↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
posted by カエデ at 23:50| Comment(0) | はじめに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする