2018年10月31日

人にとっては「え〜(汗)」ってことも・・・

こんばんは。今日は午前中のちょっとひんやりした空気の中、ルビーとお散歩行ってきました。またもや2時間外にいましたよ。

ツイッターで見つけた幸せそうな犬。(笑)↓


この動画を見て思い出したことがあります。

ルビーは若いころ、秋になると道路わきに積もった落ち葉の上をわざとガサガサ音をたてながら歩いたなあって。

それからなんとなくこの季節になると、枯れ葉が落ちている道を私も好んで歩くようになったのでした。

また、犬たちの嗅覚が優れていて、それを使うことが彼らの楽しみだと知れば、アスファルトの道だけじゃなく、公園や土手など、土や芝生が豊富な道が(以前も好きだったけれど)ますます魅力的なものになりました。

181031_01.jpg
今日も土の上でノーズワーク♪

また、これも時々書いていることですが、彼女は若いころ半分干からびているミミズの死がいが大好きでした。その上でゴロンゴロンして耳の飾り毛にそれを隠し持ったまま(絡ませて)家に帰ってきた時のあのなんとも言えないニオイ。でも、
「きっと犬たちにとっては何とも言えない香水みたいなものなのかもね」
って先生に言われた時は、なるほどね!と思ったものです。

181031_02.jpg
帰宅後はあしや体を優しく清潔に拭き上げてブラッシング。
今にも眠りに落ちそうなルビーです。

他の犬の排泄のニオイを嗅ぐのも、彼らにとっては社会的エンリッチメントのひとつだと知ったら、犬のマーキング姿も私にとって魅力的なものに変わりました。こちらを見ながらわざと排泄していたら、あの子自己紹介してるなって。
そして「ルビー、あそこで匂いかぐかな」
なんて思っていると、全く素通りだったりすることもあるのがまた面白いなと感じます。

こんな風に、人間が汚いと感じることが彼らにとっての当たり前、または至福であったりするのですよね。
犬と暮らすことは、今まで人間の目線でしか見ていなかった世界の見方が変わることでもあるなあと感じます。そしてそれはとても楽しいこと。だって、新しい世界を歩けるようになるんですもんね。


==================[お知らせ]=================
■11月16日(金)、11月29日(木)「さいたまお散歩トレーニング」
■12月13日 夏目先生をお招きしての「リードワーク・ワークショップ」
==========================================


↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
posted by カエデ at 18:36| Comment(0) | 犬ってどういう動物なの? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月30日

叱らずに、良い行動に注目する

こんにちは。今日もきれいな秋晴れの埼玉です。

今夜は先日見そびれた動物番組の再放送があって、それを今から楽しみにしている私です。

地球上の様々な生きものを見ていると、人間的には「ちょっとそれは・・・」と思うようなことが、ある種の生きものにとっては当然のこと、なんてことがざらにありますね。最初はびっくりするかもしれないけれど、ヒトとしての善悪の概念をちょっと横に置いて、彼らは彼らなりに生きているんだと思えるようになると、先入観なく彼らの生き方を受け入れることができるなと感じます。

そんな、様々な動物の中でも何万年も前から人間と生活を共にしている犬という動物は私達にとってやはり特別な存在だなと感じます。犬以外の動物のことを知ると、逆に犬の特別さが際立ったりしますね。

181029_03.jpg
木々が色づいてきました♪

そんな彼らと仲良く穏やかに暮らす為には、昨日書いたようにまずは彼らが楽しめること、安心(リラックス)できることかなと思いますが、次、何を私たちができるかと言ったら、彼らの良い行動に目を向けて、それらをすべてほめ続ける、という事かなと思います。

生きていればビックリすることも起きるし、嫌な目にもあったりして、叫んだりパニクって暴れちゃったりもありますよね。
犬だと、それが吠えや咬みとなってあらわれることもあると思いますが、その時ばかり注目されていると、その行動が定着してしまうことがあるかもしれません。

だから、そうじゃない行動すべてに注目するくらいの勢いで、楽しく暮らしていくのに不都合のない行動全てに反応を返してあげるといいんじゃないかなと、(自戒を込めて)思います。

そうすると、もともとあまり苦手がない子も、苦手がある子も、毎日沢山正解がもらえ、日々誉められまくれて且つ困った行動は定着せず、そして人間は(困った行動じゃなく)良い行動を見ようとする、という明るくポップな暮らしになるのではないでしょうか。そんな暮らしをみんなで目指してみませんか?


==================[お知らせ]=================
■11月16日(金)、11月29日(木)「さいたまお散歩トレーニング」
■12月13日 夏目先生をお招きしての「リードワーク・ワークショップ」
==========================================


↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
posted by カエデ at 15:01| Comment(0) | 問題行動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月29日

苦手を叱っていませんか

こんばんは。
今日はこんな時間になっちゃいました。午前中に突然の来客があってなんとなく一日バタバタ。💦

ルビーとは夕方お散歩に行ってきました。

181028_01.jpg
これは日曜日のお散歩写真♪匂誰かのことを調査してるのかな。


突然の予定変更。苦手な方って結構いるんじゃないかな。でも大人になるにつれて自分を抑制できるようになって慣れてきたりするものですよね。

なんてことを書いていて思い出したのが散トレの一場面です。

犬たちもいろんな子がいて、あれが苦手これが苦手、でもこっちは平気、みたいな。
その中でも面白いなと思ったことがあります。

自己紹介や先生のお話しが終わってみんなで歩き出す瞬間に吠え出すワンコが時々います。
場面が変わることが苦手で吠えてしまうのだと知りました。

苦手なこと。
誰にでも苦手なことはあるからきっと想像しやすいと思うのですが、苦手なことって叱られたらもっと嫌いになり・・ますよね?

私は小学生の頃算数が苦手で、でも出来ないことにペナルティが課されたことからパニクってしまい、益々算数嫌いになるという悪循環に陥りました。(ちょっと違う?^^;)

でもだからこそ、犬も人も、いろんな事を楽しく経験することの大切さが今はよくわかります。
怖がる必要のないことを怖がっていたら、必要なのは叱ることじゃなくてリラックスさせてあげることなんじゃないかな。

いつも外の世界に好奇心をもったり、ワクワクしたり、すんなり受け入れられるように、普段から
「あなたのいる世界は楽しいことがいっぱい」
を伝えられるようになりたいなと思います。

==================[お知らせ]=================
■11月16日(金)、11月29日(木)「さいたまお散歩トレーニング」
■12月13日 夏目先生をお招きしての「リードワーク・ワークショップ」
==========================================


↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
posted by カエデ at 21:11| Comment(0) | 叱らない・罰を与えない | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする