2018年10月25日

問題を悪化させるもの

こんにちは。
今日も良いお天気の埼玉です。

181025_170801.jpg
チニタのオモシロ在庫写真を見つけたので貼ってみました。

犬(猫)に丁寧に接する(=動物から見て接し方が優しい)ことで、犬たちが吠えたり咬んだりする必要が無くなる。

じゃあ丁寧に接するコツってなんだろう?

それは犬が嫌そうにする前に、もしくは”嫌だ”とか”気になる”という意味の一番小さなボディランゲージを見て、その時点でやめてあげる、ということが一つ言えるかなと思います。

固まる
耳が寝る(イカ耳になる)
定位反応(刺激のあった方を見る)
など、そして
”唸る”も。

”唸る”は”噛む”よりずっとずっと前の、相手に「嫌だよ」を伝えるボディランゲージなのです。
だから、唸られたら
「あ、ごめんね」
って言ってやめてあげればいいだけなんですよね。

そんな犬の小さなお願いである”唸り”を
「人より上になっている」とか
「自分をリーダーだと思ってる」とか、
「二度と唸らないように罰してわからせないと」
と勘違いして接していると、もっと強いボディランゲージ・・・つまり咬んで相手を遠ざけようとする、ということになってしまうのではないでしょうか。

こんな風に、犬ってどういう動物なのかという”動物行動学”と、行動の科学である”行動分析学”の基礎を学び、さらに疾患が原因の攻撃行動もあるということを知れば、体罰を与えて行動を矯正しようとすることの間違いに気づくはずと思います。(応用行動分析学を学びたいプロの方は、各地で開かれている動物の行動コンサルタント青木愛弓先生の『動物の飼育管理のためのABA講座入門コース』がお勧めです。)

罰を与えて一見おとなしくなったように見えても、その個体は別の問題を抱えただけ・・。伴侶動物の生活の質を高く保ち、豊かな暮らしを送る、というのとは全く反対の方向性だということですね。
誰もが自分の犬や猫を、ずっと可愛いな、愛しいなと思えるような接し方を目指したいなあと思います。

==================[お知らせ]=================
■11月8日(木)「つくばお散歩トレーニング」
■11月16日(金)、11月29日(木)「さいたまお散歩トレーニング」
■12月13日 夏目先生をお招きしての「リードワーク・ワークショップ」
==========================================


↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


posted by カエデ at 15:37| Comment(0) | 叱らない・罰を与えない | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月24日

丁寧に接するということ

こんにちは。
今日は結構気温があがりましたね。午前中ルビーと公園散歩に行ってきました。

ルビーは脚力が弱くなってゆっくりとしか歩けないのですが、でも全く歩けない訳じゃなくむしろ歩きたい気持ちが強いので、それにお付き合いしてきました。約2時間外にいましたよ。^^;

181024_01.jpg

それでも途中、後ろから車が来たりしたときなど、抱っこして道の端へ移動することもあります。

抱っこ。
最初の頃は本当に雑に抱っこしていたのを思い出します。まるで物を運ぶかのようにサッと持ち上げてドカッと下ろすとか、何かをよけるためにルビーを高ーく持ち上げてしまったりとか、とにかく接し方が雑で色々やらかしていました。歯を磨くのでも大人しいのを良いことに、無理やり口を開けて磨いたりとか。

ただ、どの程度が無理やりなのか、ということを知らなかったんですよね。

人間目線ではちょっとしたことかもしれないけれど、される側の犬からすると、ビックリさせられたり痛いことされたり怖かったりしただろうなあと反省し、そこから関係を築きなおして(・・・と言っても、やることは、自分が丁寧に接する人になることでしたが)今があります。

目やにを拭くにしても、最初は優しくタオルをあてて、これから顔を拭くことを了解してもらってから始めたり、ルビーは尻尾で町内を掃除しながら歩くので、^^;からまったゴミを取るにしても決してしっぽを引っ張ったりはせず、なるべく痛くない様にコームで少しずつ取るなど。

見る人が見たらまだまだと思うかもしれないけれど自分なりに丁寧に接するようになってくると、過去の自分が別人のように思えて冷や汗がでます。^^;
それでもあのころから自分は動物が好きで動物に優しくしたいと思っていたのですよね。
ただ、どうしたら動物からみて優しい人になれるかというところの掘り下げができていなかったのかな。
掘り下げができていなかったのなら、掘り下げればよい。ということで、学びつつの今なのでした。

学ぶと自分が変わるんだな。
自分が変わることで、犬たちが「嫌だ」っていう(吠えたり咬んだりする)必要がなくなるんだな。
そうやって段々と犬との暮らしが楽しくなってくるんだな・・って。
だからもっと変わりたいなって思います。
みなさんはいかがですか?



==================[お知らせ]=================
■11月8日(木)「つくばお散歩トレーニング」
■11月16日(金)、11月29日(木)「さいたまお散歩トレーニング」
■12月13日 夏目先生をお招きしての「リードワーク・ワークショップ」
==========================================

↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
posted by カエデ at 16:37| Comment(0) | 接し方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月23日

待つって実はわくわくすることなの

こんにちは。埼玉、寒い一日になりました。
気象予報士の荒木さんが「東京、12時でも14度」ってつぶやいていたけれど、こちら埼玉(の端っこ)も同じくらいだと思うので、そりゃあ猫はホットカーペットに寝そべるよね^^;と思いました。

181023_01.jpg

犬との信頼関係。
信頼されるということは、「この人は自分に酷いことはしない」と思ってもらうこと、ともいえるかもしれません。
そしてそれは時間をかけてつくる確かなもの。

植物好きな方ならよくご存じのターシャ・テューダーさんが、どの本だったかで、
”植物の成長は待つ価値があるわ。
人生も庭も待つ楽しみを覚えなくちゃ。
待つって実はわくわくすることなの。”
というようなことを言っていたのを思い出します。

初めて子犬を迎えたとき、最初は小さくて壊れそうだった目の前の命が、成長するにつれ甘噛みをしたり警戒して吠えるようになったり。
それにびっくりして、慌てて彼らにとって当たり前の行動をやめさせようとして罰を与え、関係がこじれてしまった、なんてお話しをよく耳にします。

私もルビーを迎えた時、(彼女はもう子犬ではありませんでしたが)同じような失敗をしました。

そんな時、近くに
「あ〜うちもそうだったよ。犬ってそうよね」
って一緒に犬の成長を見守ってくれる仲間がいるといいですよね。

なんとかその場をしのいで^^;
犬の成長を待つ。
待てる自分を育てる。
そして、そんなことをしていると実は、自分も成長を待ってもらっていたんだ・・・ということに気づく。

そんな風に、お互いの成長をわくわく待ちながら学び合える場所が作れたらいいなあと思っています。
お散歩トレーニング、そして先生をお招きしてのリードワーク・ワークショップと、お散歩シーズンは体を動かす学び目白押しですが、ぜひブログの方もゆるゆると読んでみてくださいね。私もゆるゆると頑張ります。


==================[お知らせ]=================
■11月8日(木)「つくばお散歩トレーニング」
■11月16日(金)、11月29日(木)「さいたまお散歩トレーニング」
■12月13日 夏目先生をお招きしての「リードワーク・ワークショップ」
==========================================

↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
posted by カエデ at 16:51| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。