2018年11月04日

ネコ好きもイヌ好きも

こんばんは。
今日の埼玉は朝起きたらどんより曇り空。午後に一雨降って、予想最高気温17度でした。寒くなってきましたね。風も流行っている様子。みなさまご自愛ください。

さっきもツイッターにアップしたのですが、チニタは結構テレビが好きで、ジーっと集中して見ていることがあります♪

猫といえば、昨日の「猫との暮らし方教室」でのお勧め本をポチっとする前に、我が家の本棚に積ん読としてあったりしないよね?と確認しながら、ネコ本を色々漁っていました。
そんな中久しぶりに手に取った「ムツゴロウの猫読本」。


猫好きの方だけでなく、犬が大好きな方にもおすすめの本です。

世界を旅してわかったのですが、飼育の方法を説いたものは多いのですが、ネコとは、イヌとはどういう動物なのか、どのようにすれば彼らとより深く会話が出来るかということを記した本はめったに見つかりません。学者はイヌ、ネコについて研究するのを嫌いますし、一般愛好家には学問の知識がありません。
ネコだけ、イヌだけを見ていたのでは、得られる知識はわずかでしょう。さまざまな動物を見て、さわり、調べていると、ああ、あのときネコが示してたのは、こういうことなのかと思い当たります。(「ムツゴロウの猫読本」1989年初版。前書きより引用。)

同じ伴侶動物であるネコとイヌとの比較や、野生のネコ科動物や他の野生動物たちとのエピソードや見聞、学問的なことまで、多岐にわたって興味深い考察が繰り広げられています。

そんな”動物極彩色”のようなお話しの中でもひときわ輝きを放っているのが、犬のお話し。犬好きの人ならきっと嬉しくなるであろうエピソードが多々散りばめられています。

イヌにとっては、人間集団と一緒に生活している、というのが彼らにとっての自然な環境なのだ、というような一節が「イヌの動物行動学」の序文にもありましたが、それを知ればなおさら、私たち人間は彼らを悲しませるようなことをするのではなく、もっとうまく仲良くやっていけるのではないかと思ったりします。

181104_03.jpg

『ムツゴロウの猫読本』。
”相手のこと知ればもっと愛しくなる”、”知る”という部分を、楽しくサポートしてくれる本だと感じています。


==================[お知らせ]=================
■11月16日(金)、11月29日(木)「さいたまお散歩トレーニング」
■12月13日 夏目先生をお招きしての「リードワーク・ワークショップ」
==========================================

↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

posted by カエデ at 19:36| Comment(0) | 読みもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする