2018年11月21日

しつけという名のもとに犬をいじめていませんか?

こんばんは。
今日もあっという間に日が暮れました。寒くなりすぎる前に排泄散歩行ってきましたよ。

171124_01.jpg
去年の在庫写真♪

「叱らない」というのは犬育て(家庭犬のトレーニング)において、未だにあまり重要視されない、またはそっぽを向かれやすい事柄なのかなと思います。
でも「叱らない」はしつけをしないではないし、しつけるということは犬を叩いたり吊り上げたりショックを入れたりして行動を止めるのことではない。犬とのコミュニケーションを円滑にするもの、だと思っています。

「やめてね」(マッテ)
と伝えたらやめてもらえる、
そういうスムーズなコミュニケーションが取れるように飼い主が犬への伝え方を学ぶのが、家庭犬のためのトレーニングと言えるのではないでしょうか。私も一飼主なのでずっと取り組み続けていることです。

先日のCDS横浜お散歩トレーニングでもそんな光景を見かけました。
一緒に歩いている犬同士がちょっと近づきすぎてしまって、とあるワンコが吠えたのですが(吠えるのにも正当な理由があります)、飼い主さんに穏やかに止められ何か声をかけられたのかな?その瞬間に相手犬から気がそれてストンと落ち着き、遠ざかる飼い主さんの後を追って行くという姿を見かけました。

犬の行動を嫌なもので止めさせるのではなく、つい振り向いてしまいたくなる”良いもの”で気をそらせてあげる。
そこから「こうしてね、ああしてね」
を伝えれば穏やかなコミュニケーションが取れるんだよね、を実感した瞬間でした。

171124_02.jpg
去年の今頃はもうコートを着ていたのね。

また、”叱る”と叱られた側の問題行動が悪化したり、また叱った側も”叱る”という行動がどんどん強くなって体罰などに進みやすいということも、行動の科学を学ぶと理解できます。特に飼い主さんにアドバイスをする立場にある人は、ABAを学ばれることをお勧めします。

ということで、動物の行動コンサルタント青木愛弓先生の講座をご紹介させていただこうと思ったのですが、コンパニオンアニマルの講座はどこも締め切られたようで残念。
ただ、万が一キャンセルが出た場合のためにもリンクさせていただきます。


また、吠えや咬みなど、犬の問題行動(と、あえて書きますが)でお悩みの方は、オンラインで相談に乗って下さる場所があります。
それが「犬の森2018」です。
※12月1日にCAMPFIREのファンクラブとして生まれ変わります。お手続きの仕方などはリンク先をご参照ください。


動物福祉に則った、犬にも人にも親切な場所ですので、飼主さんが苦しくなるような方法はお勧めしていません。困った時にはまずこちらの門を叩いていただけることを切に願っております。



==================[お知らせ]=================
■11月29日(木)「さいたまお散歩トレーニング」
■12月13日 夏目先生をお招きしての「リードワーク・ワークショップ」
==========================================
↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


posted by カエデ at 17:16| Comment(0) | 叱らない・罰を与えない | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。