2018年11月22日

犬についていくお散歩

こんばんは。
今日は「いい夫婦の日」だったそうですね。
私にとっては「わんわんニャンニャンの日」の方がしっくりきます。^^;

181122_01.jpg

今朝は寒い朝でした。コートでムクムクになったルビー。朝の排泄散歩の写真です。なんだか大げさに感じますけど。^^;

ゆっくり歩くルビーについていくように歩く私。
ルビーが年をとったからじゃないんですよ、犬のことを学び始めてからそんなお散歩をしています。

”犬についていく”という形のお散歩を
「そんなんじゃ犬がわがままになる」
とか、
それだけでなく、
「犬が自分をリーダーだと勘違いする」
という人がきっとまだいるかもしれません。

リーダー論を持ち出すのは新しい情報をとりにいっていない証拠ですね。

新しい情報を知らず、且つ若くてはっちゃけてるワンコの、そのはっちゃけに戸惑いを覚えている場合などは、なんの疑いもなくこの言葉をあてはめてしまうのかもしれません。

171129_02.jpg
道端のヒメツルソバ♪去年の写真です。

犬の散歩は犬の為の散歩なので、危険でないところではリードを張らないようにしながら犬について歩く、犬たちの
「あっちに行きたい」
「こっちに行きたい」
「あの草むらのにおいを嗅ぎたい」
などを大切にしてあげたいなと思います。

その方が興味のあるものを自分で確認できて落ち着けたり、
近所のワンコの排泄のにおいを嗅いで情報収集ができて満足したり、
そこに自分も排泄できれば犬としての自信にもつながるのではないでしょうか。

「あれもダメ、これもダメ」
と、べつにダメじゃないことまでリードでグイグイ制御しようとすることは、自分が安心を得るための行動なのかも?私も身に覚えがあります。
でも実はそれが犬にはフラストレーションだったりするのですよね。そこに気が付くと自分の行動が変わり、犬とのより楽しいお散歩や時間を過ごせるようになるのではないでしょうか。

何がダメじゃないこと(犬として当たり前のこと)なのかが分かるようになるためにも、犬ってどういう動物なのか?を学びたいなと思います。(と書きながら私も自分に言い聞かせています。)科学的にも否定されている古い情報との区別がつくように学びたいですね。きっと犬ともっと豊かに暮らせるようになるんじゃないかな。


==================[お知らせ]=================
■11月29日(木)「さいたまお散歩トレーニング」
■12月13日 夏目先生をお招きしての「リードワーク・ワークショップ」
==========================================


↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村




posted by カエデ at 22:21| Comment(0) | 犬ってどういう動物なの? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。