2018年12月29日

あれとこれがリンクする時

こんばんは。寒いですね〜!引き続き明日も日本列島寒そうなので、みなさんもお気を付けくださいね。

昼間
「わかる〜」
というツイートを見つけたのでシェアしますね。


こういうの、みなさんも経験ありませんか?

例えば私は、去年応用行動分析を学んだことで自分の行動がよく見えるようになりました。
「あ、今の私の行動、チニタがテーブルからものを落とす行動を増やしてるな」
っていうのに気づいたり、
「それ以外の行動に対しての正解のマーク(褒める)を今までできていなかったんだ!」
ということに気づいたりして、自分の行動を改善するのにとっても役だちました。

そして一方で、犬語を学ぶことで、彼らが相手の興奮や不躾な行動を淡々とスルーしたり、OKの行動にはそう応えているのも見えてきたりしました。(そう考えると犬ってすごいなーとつくづく思います。)

こんな風に、ずっと学び続けていると、とぎれとぎれだった学びがどこかでリンクする瞬間がありますね。

学びがリンクしてくると、頭の中がクリアになって、自分が何をすればいいのかがわかるようになるので、

「これやめて(マッテ)」
「こうしてね」
「そうそうそれが正解」
をスムーズに伝えることができるようになるんじゃないかな。

161213_04.jpg
2016年冬♪

昨日書いたような普段優しい飼い主が、犬たちの行動に適切なフィードバックを返すから、彼らと意思の疎通がスムーズにできるようになるのではないでしょうか。
意思疎通ができれば犬の不安も軽減され、その結果唸ったり咬んだりという行動を出させないで済む、ということに繋がると思います。そういうわかりやすさが犬にとって”優しい”ということなのではないかなあ。

様々な学びがリンクして(人間が)それを出来るようになるまである程度時間がかかるし、また成長や内省も求められるので、”犬に優しい方法”は、実はとっても自分に厳しいことなのだと思います。でも一方で、変われる自分が楽しくもあり・・・。実際、大人になってからも変化できるってとってもワクワクすることですよ。”新しい経験”というものがどんどん減っていく中で、新たな世界が目の前に開けるのですから。だから私も飼い主のひとりとしてそういう経験をずっとしていきたいし、それを喜べる自分でありたいな〜って思っています。


===============[お知らせ]==============
 お散歩トレーニングはゆるい社会化のための場所。
 犬のことを一緒に学びませんか?お申込みお待ちしています。
===================================

↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓


posted by カエデ at 23:50| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。