2019年01月24日

犬に教わる準備はOK?

ルビーは若いころはCDSのお散歩トレーニングの常連でした。近くで開催されれば今でも参加したいくらい。でも今はそれは無理なので、時々お友達と歩いてもらったりしています。(感謝♪)

190124_181127.jpg
去年の11月の秋ヶ瀬散歩。キートン君と♪

お散歩トレーニングでは、みんなで円になって自己紹介をする時間があります。
その時に、ルビーがソワソワして動き回ろうとするので、真意のわからない私はちょっと困っていた時期がありました。

その時、先生に
「ルビーちゃんは少しリードを長めに伸ばしてあげたらどうかしら」
と言われたことがあります。

その通りにしてみると、彼女は円の中心に少し歩いていって止まり、口をムチャムチャしたりまばたきしたり、横向いたり、地面の匂いを嗅いだり、しだしたのです。
(ルビーの後ろにいた私は、彼女が何をしているのか全くわからず、あとから動画を見せて頂いて初めてきづいたのでした。)

そうです、お仲間ワンコに向けて、カーミングシグナルを沢山出していたのです。

自己紹介の時間は、飼い主さんも少し緊張するし、だから犬たちも少し緊張する場面です。だから、ルビーは場の緊張を和らげようと

「(緊張したときには)こうするのよ」

と、バンバン遠隔でカーミングシグナルを飛ばしていたのだろうということでした。

何度もご紹介しているトゥーリッド・ルーガスさんが提唱する”カーミングシグナル”は、
ボディランゲージの中でも、争いを避ける、相手を落ち着かせる、自分を落ち着かせる、という意味のあるもので、”平和のことば”とも言われています。


私たちは犬たちから学べることが沢山あると思います。優しさ、強さ、思いやり、争いをさけ、手本を見せる態度。
また、彼らは大切な存在を守りたいと思う動物で、だからこそ吠えも出るのだと思います。

そんな犬たちに暴力を振るったり闘うような対応はどうなんだろう?

自分の生き方を問われているような気持になる、犬との暮らしでもあります。

成長過程の難しい時期や、難しい個体に対しても、ゆるぎない優しさと自分を律する態度で犬育てをがんばって、優しい世界を彼らといっしょに体現したい。せっかく犬という動物と暮らしているのだから、そしてきっと私たちの祖先も彼らに教わりながら生き抜いてきた(という説が好きです。)のだから、それを引き継ぎたい。そう思うのは私だけでしょうか。


============[「犬とまんまる」よりお知らせ]===========
 お散歩トレーニングはゆるい社会化のための場所。
 犬のことを一緒に学びませんか?お申込みお待ちしています。
===================================
↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓


posted by カエデ at 23:50| Comment(0) | ボディランゲージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月23日

優しい気持ちに包まれますように

結婚してから引っ越しが多く、「根無し草さん♪」なんて呼ばれることもあったけれど、ここへ越してきて根を下ろそうと言う時、
「あぁ、やっぱり動物と暮らしたいな」
って自然と思い、そこから始まった犬との生活。

でも、犬を迎えるにあたり、
「猫を飼ったことあるから大丈夫」なんて思っていたのが間違いだった。

だって犬は猫じゃないですもんね?^^;

考えてみれば当然のこと。
虫を捕まえて飼うのだって、その種類や成長の時期によって全然違うお世話が必要なのに、どうして犬猫いっしょにしたかな私。^^;;;

190113_01.jpg

”犬の困った”というより”私が困った”から学びだした犬のこと。

今ではその世界にどっぷり浸かって暮らしていて、いつの間にか自分の体質が犬向き^^;に変化しているのを感じます。夏の朝は明るくなる前に起きたいとか(お散歩のため)、黄色や青いものがやたら目に入る(犬に良く見える色だから。)とか、白線の上を歩きたくなる(白線をターゲットとして歩くワンコが結構いますよね。)とか、多少のことには動じない(ふりができる。)とか。


でも、今では当たり前のようになった今の暮らしのリズムも、もしルビーじゃない犬と暮らす時が来たら、
”犬と猫は違う”
どころか、
”犬は一匹一匹全然違うんだな〜”
って、戸惑うのかもしれませんね。

180130_01jpg.jpg

そんな時に、自分を支えてくれるのは、犬ってどういう動物で、どういう成長の過程を経るのか。そしてどんな接し方が安心や安定に繋がるのか、などの、生きものと接するときの基礎を身に着けているかどうか、なのかな。

犬み痛みや恐怖を与えたりしないしつけを選択したいと思うのは、犬が悲しむ姿を見たくないからで、それは好きで迎えた命に対して抱く当然の感情なのかもしれません。

180126_01.jpg
おやつ落としてますよ。(笑)

あなたの声が聞こえたら、犬がふんわり優しい気持ちに包まれますように。
触れたり視界に入ることで、いきり立った気持ちを鎮めることができるように。
犬を不安や戸惑いの中から、救いあげることができるかな。

そういう飼い主を目指して、私もずっとがんばっています。
迎えた時は私よりずっと若かったルビー。でも彼女を先に送り出す日が必ずやってきます。その時に彼女の気持ちを苦しみや痛みに勝る暖かいもので包み込めるよう、がんばりたい自分がいます。


============[「犬とまんまる」よりお知らせ]===========
 お散歩トレーニングはゆるい社会化のための場所。
 犬のことを一緒に学びませんか?お申込みお待ちしています。
===================================
↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓
posted by カエデ at 23:50| Comment(0) | ルビーとの取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月22日

犬たちの会話

こんばんは。
今日は北風が強くてちょっと寒い一日でした。それでもルビー、外をトコトコ歩いて、知り合いワンコの排泄に自分のをかぶせてきましたよ。犬は社会欲の強い動物だから、互いの排泄物から情報を入手&提供するのが自然で満たされるのでしょうね。私はそれを知ってから、お散歩がより楽しくなったのを覚えています。”ただ歩いている”というところから、犬が今していることにどんな意味があるのか、が分かるようになると、お散歩は人にとっても楽しいイベントとなるのですね♪

181018_02.jpg


犬たちの自然な姿と言えば、ボディランゲージで会話する姿もそうです。彼らは人間のような”言語”を持たないから身体のうごきやしぐさで気持ちを表現しているということ。

中でもわかりやすいのは、耳の動きでしょうか。緊張したり、逆に嬉しかったりしたときには耳が寝ちゃう、というのはご存知の方も多いかな。また、そういう身体のパーツだけでなく、動作で会話していることもありますね。

また、人も使うと、犬に伝わりやすいボディランゲージが結構あります。
犬にこちらに来てもらいたいとき、ヒトはどうしても対面した状態で名前を呼んだり、
「おいで〜」
って言ってしまいがちですが、対面しているその状態は、犬にとっては”こっちへくるな”という意味だったりします。
だから、
「オイデ」
と言って、頭を進行方向に向け(犬には背中を向け)犬から去る・・・という方が(犬たちはそうするので)、通じやすかったりするのですよね。

180221_02.jpg

”犬にわかりやすい”というのは、クリッカートレーニングの時だけでなく、普段の暮らしの中でも自然とそうしてあげられると、コミュニケーションがスムーズになるのではないかなあ。そしてそのためには、先日の青木愛弓先生のセミナーで教えて頂いたような、行動分析学の知識と、上で書いたような”犬ってどういう動物なのか?”という動物行動学的な知識がとても役に立つなと思っています。
ということで、お勧めのセミナーがあるときは、こちらでもどんどんご紹介していきますね。一緒に参加できたら嬉しいです♪(ちなみに、昨日ご紹介した、青木愛弓先生の超実践的ワークショップ・東京講演は、満席になってしまったそうです。m(_ _)m)



============[「犬とまんまる」よりお知らせ]===========
 お散歩トレーニングはゆるい社会化のための場所。
 犬のことを一緒に学びませんか?お申込みお待ちしています。
===================================

↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓
posted by カエデ at 23:44| Comment(0) | お散歩トレーニングって? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。