2019年02月25日

「犬との暮らし方教室@セシオン杉並」に参加しました♪

今日は、チャーリードッグスクールの「犬との暮らし方教室」に参加しました。

190226_01.jpg
ハンドアウトへの書き込み一杯。でも脳ミソにはもっといろんな書き込みがあります。


”犬のしつけ方教室”ではないところがミソなんですよね。参加されるとわかると思いますが。

犬ってやっぱりその歴史や動物行動学的な観点から見ても(ヒトとの結びつきという意味で)特別な存在だし、他の霊長類ヒト科の動物よりもある意味ヒトっぽいところがあって、だから私たちの接し方が下手でも(彼らの能力のおかげで)なんとかやってこれてしまうんだな、って本当に思いますね。

でも面白いことに、
なんとかやってこれてるんだからいいじゃん?
で終わらない。
終わらせたくない。
もっと彼らが心(という言葉をあえて使いますが)豊かに暮らせるように、自分ができることってないかな。

・・と思う。

190114_01.jpg

イヌだけじゃなく、他の命の前でも誠実でありたい、という気持ちが掻き立てられます。

でも、じゃあその前に、自分は幸せなのかな?

命に接する自分の姿を遠くから眺めた時、胸がいっぱいになるのはなぜだろう。

下手でも一生懸命。
失敗してもやり直せる。
そのために学び続ける。

それが許される環境があるかな。

幸せでないと本当の意味で命に優しくできないから・・。

そう。犬の・・・というより自分を含めた命の勉強だから。

命がどういうとき輝くのか。
それは生きかた=暮らし方だから。

そんなことを想った座学でした。

イヌのこと(ネコのこと)、様々な視点をもって詳しく学ぶことも大切で、今日もイヌのボディランゲージのことなども勉強しましたが、
時には大きな視点でものごとを見ることも大きな助けになると思います。

「犬との暮らし方教室」3月は日曜日(3/24)に開催されます。ご興味のある方はぜひ♪



============[「犬とまんまる」よりお知らせ]===========
 お散歩トレーニングはゆるゆるとした社会化のための場所。
 犬のことを一緒に学びませんか?お申込みお待ちしています。
===================================
↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓


posted by カエデ at 23:50| Comment(0) | セミナー・講演会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月24日

春はなんの匂い?

暖かな一日でした。ルビーとお散歩していると、春の匂いの元となっていそうな植物たちが動き出しているのがわかります。

「あ、春の匂いがしてきたな」
って思うとバーッと懐かしい景色が頭の中をかけめぐったり、なんだか嬉しい気持ちになったり、もしくは学校の入学式の少し緊張した気持ちがよみがえってきたりする人は少なくないのではないでしょうか。

そんな体験をすると、匂いが感情と強く結びついているんだな〜って思いますね。

実際、匂いが感情と密接に関わっているということは科学的にも明らかになってきているようです。


「犬から見た世界」(アレクサンドラ・ホロウィッツ著)によると、イヌの鼻の構造はヒトと違い、匂いを分析するのに適した構造をしており、更に構造だけでなく匂いの処理をするための嗅覚系はヒトのものと比べて何倍もの脳の領域を占めているそうです。
だからヒトにはわからない(”感情””時間”などを含む)様々な情報を匂いからとることができるのですよね。それらが感情や本能をつかさどる原始的な脳に直接届くと考えると、彼らってヒトよりも感情の動物なのでは?と思ったりします。(動物には感情がないと言われてきた時代があったことが不思議にさえ思えます。)

181226_01.jpg

で、何が言いたいかというと・・・

犬たちが私の匂いを嗅いだらいつでも、ホッとしてもらえるような、そんな存在を目指したいなって思うのですよね。私がルビーの後頭部の匂いを嗅いでホッとするのと同じように。

いつかは年をとって目も耳も不自由になる日が来るかもしれない犬たちですが、嗅覚は最後まで残ると言われています。その嗅覚で私という飼い主を感知するときに、ほっとしたり心が躍ったり歓びがこみあげてくるような、そんな飼い主でありたいなあと思っています。淡々と過ぎていくだけの様に思える日々の暮らしも、自分の意識次第で到着する場所が違ってくるんじゃないかなって思うのですよね。



============[「犬とまんまる」よりお知らせ]===========
 お散歩トレーニングはゆるゆるとした社会化のための場所。
 犬のことを一緒に学びませんか?お申込みお待ちしています。
===================================

↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓
posted by カエデ at 23:50| Comment(0) | 古典的条件づけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月23日

ありあまるエネルギー

こんばんは。
今日はお昼前くらいから北風が出て、思いのほか寒い一日でした。

でも風が強くなる前に、ルビーと公園散歩行ってきましたよ♪

枯れ葉の海をガサガサと泳ぐルビー。
あ〜この枯れ葉、チニタの為に持って帰ってくれば良かったな。チニタも楽しめたかもしれないのに。お外の匂いと自然の落ち葉、最高のエンリッチメントだろうなと思うのですよね。

190223_02.jpg

ルビーは年を重ねて体重もだいぶ落ちてきて、足腰弱くなって目や耳も不自由ですが、今でもお散歩は大好きです。家の中でも鼻を使う遊びをしたりしますが、やっぱり戸外の環境に勝るものはないだろうなと思っています。

年を重ねた犬でもそうなのだから、若い犬たちはなおさらでしょうね。
ありあまるエネルギーを発散するのはお散歩が一番ではないでしょうか。
五感をフルに働かせて歩いたり走ったりするから、脳ミソもフル回転でしょう。特に犬は匂い嗅ぎで様々な情報を得てそれを脳で処理しているので、匂い嗅ぎを十分させてあげながらのお散歩がとっても大切だと思います。

それで思い出したのですが、ルビーは若い頃他の犬の排泄の匂いを嗅いだ瞬間にビックリして飛びのいたことがありました。
先生にその話をすると、
「排泄からストレス臭を嗅ぎ取ったのかもね」
と。

なるほど。そんなこともわかってしまうのですよね、犬は。

ルビーはその匂いを嗅いだ時、少なからずストレスを感じて飛びのいたのだと思います。
でも、それって悪いことかな?

そのくらいのストレスなんて怖いことはありません。
私たちだって、大きな音にビックリしたり、嫌な臭いに顔をしかめたりするけれど、それが大きなダメージとして尾を引くなんてことはそんなにありませんよね。

この時私は

”はい♪お鼻直し”

と言って、ルビーが大好きなオヤツ(砂肝や豚レバー)をパッと取り出して、さっさと気分転換して歩きだしました。
もしオヤツを持っていなかったら、いつも優しい飼い主さんがかける嬉しい言葉と表情で
「はい!次行こー♪」
ですよ♪

そんな風にして様々な体験をしながらお散歩から帰ると、ルビーは十分満足したのか深ーい眠りにつくのでした。
そうやってオンとオフのスイッチを切ったり入れたりしながら脳の回路がつくられるのでしょうね。

切るスイッチをつくるにはスイッチの入っている状態が必要です。
つまり落ち着いてほしければ、十分活動しなければならない、ということではないでしょうか。

そんな、犬たちにとって大切なお散歩が、もしかしたら苦手になってしまっている子もいるかもしれません。だとしたら・・苦手じゃなくしてあげたいと思いませんか。もしそんなワンコ&飼い主さんがいらしたら、お手伝いができたら嬉しいです。

お散歩トレーニングは4月くらいまでかな。5月は昼間お散歩するには暑いかなと感じることがあるので。
ご興味のある方のご参加、お待ちしています♪ 3月は14日に埼玉で開催予定です。


============[「犬とまんまる」よりお知らせ]===========
 お散歩トレーニングはゆるゆるとした社会化のための場所。
 犬のことを一緒に学びませんか?お申込みお待ちしています。
===================================
↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓
posted by カエデ at 23:50| Comment(0) | 犬ってどういう動物なの? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。