2019年02月18日

子犬が突然吠えるようになった

子犬の成長過程には、警戒心の芽生えから吠えやすくなる時期があると言われています。
こちらの過去記事でもご紹介したこちらの本には、子犬の成長過程でどんなことが起きて、人はどんな風に接するのが大切かということが書いてあってお勧めです。



また、犬にも思春期があって、脳が嵐状態^^;なのだそうですよ。
(良かったらこちらも懐かしい過去記事をどうぞ。→「だって思春期だったから


190218_01.jpg
週末はカートも使って公園までお散歩行ってきましたよ♪

警戒して吠えている犬を叱ったり罰したりというのは、前回の記事と同様コミュニケーションが成り立っていないと思いませんか?
(中には罰して吠えたり唸ったりの行動が無くなるという大人しめの犬もいると思いますが、犬の気持ちはどうなのかな・・というのを思います。)

この場合必要なことは、
「それは警戒するに値しない(警戒しなくてよい)よ」
を教えること。
つまり”社会化”なのではないでしょうか。

社会化には、犬が好きなものを飼い主が沢山携えて、それらを他の何か(警戒しそうなもの、こと)に対して緩衝材として使えるといいんじゃないかなと思います。特に、飼い主さん自身が犬の大好きなものになっていることが大切。
・・だから犬を罰して怖がらせてはいけないと思っています。

子犬の成長過程で当たり前に出てくる警戒心。これらにかける言葉として忘れられないことばがあります。
それは・・・
「おめでとうございます!」
というやつ。(笑)

去年受講した、夏目先生の「犬との暮らし方教室」でそんなお話があったのでした。

「警戒心が出てきたんですね。犬として健全に育っていますよ。おめでとうございます♪

ということなのですね。

犬がどんな成長過程を歩むのか知っていれば、(また後から知っても)自分がどのように対応すべきなのかわかると思いませんか。
それでもこの時期が飼い主としてとても大変な時期であることは事実。だからこそ、励まし合いながら一緒に学んでなんとか乗り切っていけたらいいですよね。

ということで、”なぜその方法を選択するのか”の続き記事でした。


============[「犬とまんまる」よりお知らせ]===========
 お散歩トレーニングはゆるい社会化のための場所。
 犬のことを一緒に学びませんか?お申込みお待ちしています。
===================================
↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓


posted by カエデ at 16:11| Comment(0) | 成長過程 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。