2019年03月28日

ポジティブな感情を紐づける

おはようございます。
埼玉、今は晴れていますがこれから曇ってきちゃうんでしょうか。

190326_02.jpg
ベランダのシャガ♪

犬にもそれぞれ個性があって、たとえ犬種や性別が同じでも、反応や行動にかなり個体差がありますね。みんなそれぞれ色とりどり。(犬に限らず生きものはそうですよね。姉と私も個体差(笑)が物凄く大きかったら、さぞ親は戸惑っただろうなあと。)

160428_02.jpg
去年の4月の写真です♪

怒りは一種の(ネガティブな)興奮で、
イヌはヒトのそれを匂いで感じ取るそうなので、(※1)
犬の前ではいつも笑顔でいたいなあと思います。

飼主の優しいまなざしや嬉しそうな顔が大好きな犬たち。
だからまずは自分(飼い主さん)がリラックスできるように、
”名前を呼んでおやつ”をやってみませんか。

犬の名前を優しく呼んでただオヤツをあげる。
「いい子だね」とニッコリ笑ってオヤツをあげる。
食べてる時に「おりこうさんだね。すごいね」
って、声をかけ続ける。
それを続けてみませんか?

名前やその他の言葉を犬にとって”良い音”にする作業だけれども、
自分も嬉しい気持ちが湧き上がってきたり、ニュートラルな自分にセットできたり
目の前の犬のことが”可愛いな、なんて素晴らしい犬なんだろう”、、って
改めて感じられたり見えてきたりするんですよね。(実際私が今間で出会った犬たちはみんな正直で素晴らしく、おりこうさんばかりです。)

脳科学的には”感情よりも体が先”。
楽しくなくても、口角をあげて笑顔を作ると、自然と楽しい気分になってくるのだそうです。 しかも嬉しい感情には、問題解決を容易にする、というような効果もあるそうですよ。(※2)

犬にも人にも心地よい取り組みを、暮らしの中で自然にできたらいいなと思います。



[参考文献:1.アレクサンドラ・ホロウィッツ「犬から見た世界」 2.池谷裕二「脳には妙なクセがある」]

========  [「犬とまんまる」よりお知らせ]  =======
お散歩トレーニングはゆるゆるとした社会化のための場所。
犬のことを一緒に学びませんか?お申込みお待ちしています。
===================================

↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓


posted by カエデ at 07:00| Comment(0) | 古典的条件づけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月27日

問題行動って誰の問題?

こんにちは。
なんだか風が強いですね。どれだけ花粉が飛んでいるんだろうと思うと恐怖です。^^;

110208_02.jpg
ルビー、昨日もみんなに応援されながら歩いてきましたよ。
写真は若い頃の彼女。とはいえ推定8歳。^^;走ってます!

(一部表現を修正しました。19/03/27 15:25 )

飼主さんが何か犬の行動に困っている場合、

実は犬の方が困っていてそれをすることで自分自身の問題を解決していたり、またはそうすることが当然と思っていたりすることがあると思います。

犬の方が困っている場合の例が「犬の心へまっしぐら」という本の中にあったので引用してみますね。

たとえば庭を荒らす犬は退屈していることが多い。散歩が十分でないから、することを自分で探すのだ。こんな場合は罰してもほとんど意味がない。庭を荒らしてはいけないことは理解できても、心理的バランスを保つために、何かしらほかのことをしでかすようになるだろうから。(「犬の心へまっしぐら」アンジェロ・ヴァイラ  p.106)

罰したことで庭を荒らしてはいけないということが理解できるかどうか、というのはどうかなと思いますがそれは置いておいて、^^;
お散歩で満たされるはずの欲求が満たされない為に、その欲求を満たすために庭を荒らす(人間的にはそう見える)、ということですよね。

・・・ということは、”庭を荒らす”という行動をピンポイントでどうにか無くそうとしても根本的な問題の解決にはならず、欲求を満たす何か別のこと(つまりお散歩)をしないと意味がありませんよ、ということなんですよね。
※もちろん犬によっては”庭を荒らす”というのとは違う行動が現れる場合もあると思います。

190117_02.jpg

犬にとってのお散歩は、全ての環境エンリッチメントを満たす、と考えることができると思います。

環境エンリッチメントとは・・・

動物の飼育環境を改善するための実践的な工夫。動物を何もしない折に閉じ込め単調な生活を強いることが、苦痛を与え異常行動を発現させる。こうした指摘を受け、1980年代から環境エンリッチメントとして数々の試みが動物園でなされるようになった。
(『行動生物学辞典』東京化学同人 p.91より引用。)

のことで、環境エンリッチメントには以下の5つの種類があります。
・採食エンリッチメント
・物理(空間)エンリッチメント
・社会エンリッチメント
・感覚エンリッチメント
・認知エンリッチメント
(参考:『行動生物学辞典』東京化学同人)
お散歩の何が、どのエンリッチメントになっていると考えられるかというお話はここでは割愛しますが、
犬にとってのお散歩が、全ての環境エンリッチメントを網羅できているとすれば、それは犬の欲求が満たされるということだと思います。
刺激の少ない家の中だけでは欲求が満たされないことで起きている(人間にとっての)問題行動は、犬自身が問題を抱えている(困っている)からでもあると思います。犬はその問題を自分で解決しようとしているだけなのですよね。だからまずは彼らの欲求を満たしてあげることが大切なのだと思っています。

とはいっても、私自身、犬とのお散歩をどんな風に行えばいいのかわからなかったし悩んだ経験を持っていますし、気持ちよくお散歩させてあげたいけれど、それが上手くいかなくて困っているというお悩みをお持ちの飼い主さんもいらっしゃると思います。もしその辺のことでお困りの方がいらしたら、ぜひお散歩トレーニング↓ご一緒しませんか。
吠えや噛みのお悩みをお持ちの飼い主さん&犬もご参加いただけます。心配な方はお気軽にメッセージ頂ければと思います。(連絡先など詳細はこちら→「犬とまんまるについて」

可愛くて迎えた命だから、犬が嬉しいこと=自分も嬉しいになるといいですね。


========  [「犬とまんまる」よりお知らせ]  =======
お散歩トレーニングはゆるゆるとした社会化のための場所。
犬のことを一緒に学びませんか?お申込みお待ちしています。
===================================

↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓

posted by カエデ at 14:27| Comment(0) | 問題行動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月26日

それぞれの成長

こんにちは。
今日も空気がヒンヤリですね。咲き始めた桜が一気に咲き進むのを躊躇しそうなそんな感じ。

190326_01.jpg
本日のルビー♪

昨日はひょんなことから友人の娘さん(来月小学1年生)のお相手をすることになって、久しぶりにお宅にお邪魔して彼女と二人きりでお留守番しました。
いつのまにかグングン成長した彼女の姿はとっても眩しくて、また様々な悩みを抱えながらもそれを支え続けた友人の姿が思い浮かばれてジーンとしてしまいました。


その友人とは犬を迎えた時期が近く、彼女がとても上手に犬との関係を築いているのを見て、どうして自分がルビーとの関係をうまく築けないんだろう?と悩んだりしたこともありました。

悩みに悩んだけれども、いつの間にか
”自分があきらめなければなんとかなるんだ”
と思えるようになった。

それはどうしてなんだろう?

悩みや苦しみの中から自ら希望を見いだせるようになったのはなぜだったかな?

そう考えれば考えるほど、その時近くでただただ一緒に居てくれる存在(居ることで、学び続けることをサポートしてくれる存在)があるということは、とても意味のあることだったのだと振り返って思います。


========  [「犬とまんまる」よりお知らせ]  =======
お散歩トレーニングはゆるゆるとした社会化のための場所。
犬のことを一緒に学びませんか?お申込みお待ちしています。
===================================

↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓
posted by カエデ at 13:43| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。