2019年03月19日

飼主はやっぱり特別な存在

こんにちは!
の時間になってしまいました。なかなか投稿時間が安定しなくて。^^;

気圧下がり気味で不調の出ている方いませんか?
私にとって春って一番好きな季節なのですが、気圧の変化やら花粉症やら自律神経やられやすかったりで、年々むずかしい季節になっていくのがちょっと悲しいような。^^;でもやっぱり大好きですけど♪

190319_03.jpg
先日のリードワークワークショップへ向かう道すがら見つけたムスカリ♪

お散歩の時など、リードを持っている私たち飼い主は、自分の犬の姿を後ろや上から見ることが多く、だから犬の表情やシグナルが見えにくかったりしますよね。

ルビーがまだ若い頃、彼女は本当に元気いっぱいの犬で、散トレに行くと嬉しさのあまり走り出す子だったのですが、あの頃はそういう子とはまずは一緒に走ってあげればよいとかいう発想もなく、その上
”みんなと同じように飼主と一緒に静かに歩く、それがトレーニング”
みたいな気持ちが強かったのでしょうね。
だから走り出すルビーに困ってしまって、その困った感情で彼女を見るから
「もしかしてルビー、パニクってるのかな?!」
みたいに思ったことがありました。

190319_01.jpg
れあパパさんが撮ってくださった写真♪(2014年)

でも周りで見ている人は彼女がどんな表情をして走っているのかが見えるし、どこからどう見ても楽しそうなのがわかるから、それを私に伝えてくれたり、誰かが撮ってくれた写真などを見て、完全に笑っている(笑)彼女の表情を見てやっと
「ああ、困っていたのは私で、それを犬がそうだと思いたかったのか。ルビーはただ楽しいだけだったのに」
と気づいた・・・。

つまり、後ろから見ていると犬の表情がわからないし、そのうえ自分が不安な時などは自分の気持ちを犬に投影しやすいなと学んだのでした。

190319_02.jpg
散トレのあとはいつもこうなる♪

ワークワークショップの時や、飼い主さんが用事している間にその方のワンコのリードを持たせていただいている時など、どなたかの犬のリードを持たせていただくチャンスがあると、飼主さんの後を追おうとする子や、私と歩きながらも飼主さんを意識しながら歩く子とか、色んなタイプのワンコがいて、ああやっぱり飼主さんとの間に特別なものを感じているんだなというのを感じます。

もちろんそういう様子が見えない犬が飼い主さんとの間に繋がりを感じていないとか、関係性が悪いとかいうわけでは全くないわけですけど。我が家のルビーもだれにリードをもってもらっても機嫌よく歩く犬でしたし。^^;見えていないだけ、というのもよくある事だと思いますし。

どちらが良くてどちらが悪いというのではなく、
色んな子がいるよね、
そしてみんなそれぞれその子なりの感覚でしっかり飼主と繋がっているんだな。
って思いますね。

それをわかったうえで、しつけとか慣れとかを考えていくと・・・
体罰や犬を悲しませるような方法をとるのはどうなの?せっかくできた繋がりを断ち切るような酷いことはしたくはないし、それをするから様々な場面で不安感は増すのではないかな?と思うのでした。

安心てどこからやってくるのだろう?と考えたら、やっぱり自分の側にいる犬、自分の元にやってくる犬をいつでも笑顔で迎えられる飼い主でありたいなって思っています。


========  [「犬とまんまる」よりお知らせ]  =======
お散歩トレーニングはゆるゆるとした社会化のための場所。
犬のことを一緒に学びませんか?お申込みお待ちしています。
===================================


↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓


posted by カエデ at 12:09| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月18日

CDSリードワークワークショップに参加しました♪

おはようございます。
昨日はチャーリードッグスクール夏目先生のリードワーク・ワークショップに参加しました。

リードショックやチェックを入れるなどして犬に合図を送って脚側に付ける、というのではなく、
「ハンドラーの動きや歩き方が心地よいと犬は自然と横についてくれるよね」
というリードの使い方と自分の動きや在り方を知ろう!という取り組みです。

一般の飼い主さんからプロの方まで様々な立ち位置の方たちと一緒になって学びます。

190317_01.jpg

リードワークと言っても、リードの使い方だけを学ぶのではなく、犬にとって何が心地よく、またわかりやすいのかということがわかってくるので、日常でも応用可能なことを知れて、とても勉強になるんですよね。

日常でも応用可能なことというのは、例えば、彼らのボディランゲージを見ながら褒めたり、次の行動へのヒントを出すことや、逆に彼らのボディランゲージを私たちが真似る・・・たとえばその場を離れたい時などは犬に背を向けて進行方向を向けば「こっちへ行くよ」という意味になるので、そういった動きなども取り入れながら歩く、ということなどです。

また、行かせたくない場所には行かないように罰や叱りでないものでしっかり止める、介入する、ということも、お散歩以外でのやりとりに生きると思います。

190317_02.jpg
ワークショップ中盤、自ら伏せたりオスワリしたりしてみんなとってもまったりし始めます。

190317_03.jpg
後ろを振り向いたらそら君もまったり♪脚がながくて羨ましい限り。^^;

吠えたりパニクったりしているワンコのリードを先生が持つと、ワンコが落ち着く。
もちろんリードショックしたり叱り飛ばしたり^^;など、派手なことは何もやっていないので
それを目の当たりにすると、
「今いったい何をやったの?」
と最初はマジックか?!と感じてしまうことも、続けていると徐々に見えてくるようになります。

ちょっとしたリード使いの差でワンコとの間に誤解が生じて、それが吠えなどに繋がっている場合が結構あるようでので、そこを修正できれば犬も人もお散歩がもっと楽しいものになるのではないか?と思うのですよね。

犬たちにとって一番大切なイベントであり、飼主との共同作業でもあるお散歩だから、もっとリードワークの重要性が見直されるといいなあと願っています。
4月6日にはgris-grisさんが夏目先生をお招きしてリードワーク・ワークショップを開催されるので、ぜひお勧めしたいと思います。

私も犬なしで参加する予定です。ぜひ一緒に学んでみませんか?


========  [「犬とまんまる」よりお知らせ]  =======
お散歩トレーニングはゆるゆるとした社会化のための場所。
犬のことを一緒に学びませんか?お申込みお待ちしています。
===================================


↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓

posted by カエデ at 09:25| Comment(0) | セミナー・講演会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月17日

食べている?嗅いでいる?

昨日記事にした”オヤツばらまきノーズワーク”。
これって、そこで何が起きているか(もしくは、起きているであろうこと)を知らなければただおやつを食べているだけに見えてしまうかもしれませんね。でも犬たちの豊かな匂いの世界のことや、嗅ぐことに鎮静効果があることを知れば、また違った世界が見えるような気がします。

新しいことを知るって、自分の環世界が変わる、みたいな感じかも。
知る前と知った後では見えるものが違ってくる。
そんな体験をしたことがある方ならきっと共感してくださるのではないでしょうか。
そして違う世界が見えるようになると自然と自分の行動も変わってきたりしますね。

180419_02.JPG


「もう知ってるから」
と言って知り続けることをやめてしまうのはもったいないことかもしれません。
だって、科学はどんどん進歩して新しい情報を私たちにもたらしてくれるし、もしかしたら知ったつもりでいることの奥に、もっと深い意味のことが隠れていることも多々あります。

特に後者の経験をすると、「もっと知りたい!」って学ぶことをやめられなくなるような気持になるのは私だけでしょうか。新しい気づきは、時々自分に刃を剥くこともあるけれど、それは一段階段を上がるための入り口のような気がします。せっかく開いた扉を閉めてしまわずに、ドアの中に足を踏み入れて一段ずつ上っていきたいものです。

さてさて、今日はチャーリードッグスクールのリードワークワークショップに参加してきます。まだまだ長い階段が続いていそうなリードワークですが、頑張って学んできたいと思います!
みなさんも素敵な一日をお過ごしくださいね♪

========  [「犬とまんまる」よりお知らせ]  =======
お散歩トレーニングはゆるゆるとした社会化のための場所。
犬のことを一緒に学びませんか?お申込みお待ちしています。
===================================
↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓
posted by カエデ at 06:00| Comment(0) | 犬ってどういう動物なの? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。