2019年03月13日

お散歩にまつわるあれやこれや

春らしくなって、お散歩には快適なシーズン到来ですね!
外の風の匂い、最高に良い匂い・・・。胸いっぱいに吸い込んで、犬と意気揚々とお散歩して、、、
しばらくするとクシャミ連発、という季節でもあります。^^;

190313_01.jpg

犬たちが鼻を使うのが好きだからと言って、じゃあ室内でノーズワークだけやってればOKかというと、そういうことではもちろんなくて。

戸外の方が嗅覚はもちろん、五感全てを使ってしかも他の犬や人間と社会的な関わりが持てるなど、生活の質や環境エンリッチメントという観点からも、やっぱりお散歩なしは考えられない犬との暮らしです。家の中だけでは満たされない欲求がありますもんね。

だから、
犬が家の中で吠えたり噛んだり、、というお悩みを伺うとまずはかならず
「お散歩足りてるのかな」
ということを思います。

特に若い犬はエネルギーが有り余っているので、お散歩は必須ですよね。

社会化不足や、ひょんなことが原因でお散歩苦手になってしまった犬も、沢山の”大丈夫”を飼い主さんが携えて、外に出ていけるといいなと思います。

じゃあそれってどんな風にすればいいのか。
ということをブログでも書いているつもりですが、それを他の人がどんな風にやっているのかを実際に体験できる場所が、お散歩トレーニングでもあるなと思っています。

180419_01.jpg

ルビーを迎えた当初、自分でも楽しみにしていた彼女との散歩が全く楽しくなくて、そしてそれは、お散歩のときだけではなく彼女との関係性にも端を発している気がして、その疑問に少しでも応えてくれそうな場所を探し求め見つけたのが、今でもお世話になっている、CDSのお散歩トレーニングでした。

犬とのお散歩ってこんな感じなんだ。
こんなふうに楽しめるんだ。
テレビで言ってることや、実際に言われてきたことと大分違うぞ。^^;
というようなことがわかる場所でもあると思います。

180411_01.JPG

沢山の”大丈夫”を携えるためには、まず自分が安定していることが大前提なので、不機嫌さやピリピリとした空気などはすべて脱ぎ捨てなければいけない、という面で、飼い主的には(私も飼主です)成長が求められることではありますが、それが出来るようになると自分自身も楽になる、ということに気づけたりしますね。

また、実際そうしている人と一緒に歩くということは貴重な体験になるのではないでしょうか。


ということで、お散歩にまつわるあれやこれやを書いてみました。

明日の「さいたまお散歩トレーニング」、天気良さそうで嬉しいです!花粉は飛びそうだけど!^^;
皆さんと歩けるのを楽しみにしています♪


============[「犬とまんまる」よりお知らせ]===========
 お散歩トレーニングはゆるゆるとした社会化のための場所。
 犬のことを一緒に学びませんか?お申込みお待ちしています。
===================================

↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓


posted by カエデ at 11:53| Comment(0) | 犬ってどういう動物なの? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月12日

トレーニングの結果というよりも

犬にこうなってほしいああなって欲しいという希望があって、それに向かって進んでいる時、その希望(というか目標?)に到達すれば問題がなくなるかというと、実はそうでなかったりすることがありますね。

例えば、手に負えないと思っていた犬がトレーニングの結果とても落ち着いたように見えるけれど、果たして彼は(彼女は)幸せなのか?を自分の胸に問うた時など。

190311_121128.jpg
懐かしい2012年秋の写真。お散歩中、後ろを歩く飼い主B(夫)を確認しながら歩くルビー。


犬と人との関係に「支配性理論」を当てはめることは違うということが科学的にわかって来て、
「ああ自分、やっちゃったな」
と気づく。
でも、そこで目をそらさずにがんばって向き合って、
「よし、ちゃんと向き合ったぞ」
と思う。
なのにしばらくしてまた同じことしている自分に気づいたりして
「また〜?!・・(泣)」
と愕然とする。(笑)

・・・みたいなことって多々ありますよね。

色んなことを知って理解したつもりでいても、自分の中に根付いているものを発揮^^;してしまうことって、あるなあと思います。そしてその度に修正するということの繰り返しだったりしますね。

でも、自分以外の命と真剣に向き合っていると、こんなことの繰り返しが当然のようにあるんだな、と思うようになりました。だから、学びは一生涯、ということなのかもしれません。

190219_01.jpg

でも自分が少しずつ少しずつ変化するその学びの過程で、犬との暮しが好転していくのを感じる人は少なくないのではないでしょうか。
例え自分が当初思っていた目標に到達していなくても。

少しずつ歩むその過程がその犬その人に与える影響って大きいんだなって感じています。
過程の大切さを計れるものがあったらいいのにね、とか。^^;もしそういうものがあったら、犬と人間はもっと日々(過程)を大切にしながら、ゆるゆると自然に暮らすかもしれない、なんて思ったりします。



============[「犬とまんまる」よりお知らせ]===========
 お散歩トレーニングはゆるゆるとした社会化のための場所。
 犬のことを一緒に学びませんか?お申込みお待ちしています。
===================================
↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓
posted by カエデ at 08:00| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月11日

それぞれの心地よさで

こんにちは♪
昨日から今日にかけ、台風並みの低気圧が通過したようですね。
若林先生のツイートを拝借。↓


気圧や記憶の影響はあなどれませんもんね。ほんと無理は禁物、と思います。

そんな気圧の影響か、昨日は昼過ぎから夜までずっと頭痛がひどく、目を開けているのが辛かったので、ほとんど何もできず。
目をつぶったまま本が読めたらいいのに・・とかしようもないことを考えたりしていました。^^;
そんなこんなで、昨日のうちにブログ記事を用意できなくて今これを書いています。

犬たちも、気圧の影響を受けずっと眠っていたり怒りやすくなったりなど、その子その子で違う様子を見せると思います。私の知っている飼い主さんは、ワンコの様子から気圧が予想できる、なんて方もいらっしゃるようです。すごいですよね。

190208_02.jpg

気圧云々に限らず、体調やその個体の感じ方によって、心地よさや心地悪さはそれぞれ違います。だから、お散歩トレーニングでも、その時その子が心地よくいられる状態でいてくださって大丈夫。こういう行動をしなきゃいけない、という行動を教える場所ではなく、犬が犬らしくいられる場所、リラックスしていられる場所をめざしているからです。

190311_180419.jpg

例えば、犬たちは歩いている時よりも立ち止まった時の方がスペースの主張が強くなると思うのですが、お散歩トレーニングでの自己紹介の時はまさにその立ち止まっている状況なので、吠えが出やすい場面だったりします。

そんなときは、その子が落ち着ける距離だけみんなの輪から十分離れていただいても大丈夫ですし、犬たちは人と同じ方向を向いて座っていなくてはならないわけでもないので、犬同士が背を向け合って座ったりというお互いを尊重し合うボディランゲージを自由に使わせてあげられたらと思います。全体を見渡せる場所にいたい、というワンコなども中にはいたりするようですよ。

ボディランゲージで話ができれば(コミュニケーションがとれれば)安心できるし、安心できると落ち着けるので、どんどんそこが居心地の良い場所になっていくと思います。

居心地の良い場所、安心出来る場所・・。
安心を与えてくれる依存先があるということは、きっと犬たちが難しい状況に陥った時でも、彼らを支えてくれるものになるんじゃないかなと思っています。

だからまずは自分が安心できる飼主でありたいし、世の中は安心できる場所なんだよって彼らに紹介したい。
様々なことにポジティブな関連づけをしてあげられる飼い主になりたいですね。


↓↓↓今週木曜日の「さいたまお散歩トレーニング」、まだお申込み受け付けております♪↓↓↓

============[「犬とまんまる」よりお知らせ]===========
 お散歩トレーニングはゆるゆるとした社会化のための場所。
 犬のことを一緒に学びませんか?お申込みお待ちしています。
===================================
↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓
posted by カエデ at 13:34| Comment(0) | 社会化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。