2019年03月05日

賢馬ハンスをどう思うのか

犬と一緒に暮らしていると、まるで親子のように一緒に寝たり一緒に食べたり一緒に出掛けたりします。

そんな風に自然と暮らしているのに、一方では彼らにとっては意外なことが”自然(当然)”ではなかったりして、その辺のギャップに私たち人間は戸惑うことが多いのかもしれません。

でもそれこそが、彼らが犬であるということで、犬が好きであればそのギャップこそが”好きポイント”なのではないかな?と思ったりします。

190305_01.jpg

一緒に暮らす犬や猫たち。
彼らが嫌がることはしたくはないけれど、でも一緒に暮らしているとわざとじゃなくても嫌なことしてしまったりすることがあります。

例えば、間違って足やしっぽを踏んでしまったり、近くに物を落としてしまったりとか。

でも面白いことに同じことをしても、
しばらくは近づけなくなったりする相手もいれば、
その時はビックリしたり怒ったりするけれど次の瞬間からはもう何もなかったかのように振舞える(もちろん抱っこもOK)相手がいたりしますよね。

その差ってなんなんだろう?
後者みたいな存在になれたらいいなあ。

でも、どうすればなれるのか・・・?
その辺の違いをうまく言葉にできたらいいんですけど、むずかしいですね。^^;

でもそうやって相手を意識しながら生きる彼らを
「(大げさな)バカだな。」
と思うのか、
それとも、違いがわかるその子を
「(違いがわかるなんて)すごいな。」
と思えるか。

ちょうど”賢馬ハンス”を(人間と同じような計算ができないから)バカだと思うか、(些細な違いを見分けたから)賢いと思うか、みたいな。(”賢馬ハンス”についてはこちらをどうぞ。→ wikipedia 「賢馬ハンス」 )

些細なことかもしれないけれど、それでこちらの接し方がちがったりしていることは…なかろうか?犬たちは鋭い観察眼を持っているし、匂いで感情も読み取れるそうですから、自分にとって誰がどんな存在かはお見通しかもしれない、とかね。

犬(猫)ってどういう動物かを知れば、彼らの素晴らしさがわかるから、そういう意味でも、イヌを学ぶのは暮らしやすさに繋がるんじゃないかなと感じています。


============[「犬とまんまる」よりお知らせ]===========
 お散歩トレーニングはゆるゆるとした社会化のための場所。
 犬のことを一緒に学びませんか?お申込みお待ちしています。
===================================
↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓


posted by カエデ at 05:00| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。