2019年03月06日

”慣らす”というより”慣れる”

おはようございます。
昨日はとってもあたたかな一日でしたね!一転して今日はどんより曇り空ですが、こうやってどんどん春になっていくんでしょうね♪


昨日の記事の続きになりますが、

犬たちの能力。
人間が気づかないようなことに気づいたり、些細な違いがわかることってすごい。

でももしそれが
”そこまで過剰に反応しなくてもいいんじゃない?”
というものだったり、強すぎる警戒心や生きにくさにつながるほどのものだったら、それはやわらげてあげたい。

私たち人間だって、日常的におきることに必要以上にびっくりしたり怯えたりしていたら生きづらいですもんね。私は小さいころから物音に敏感だったり、些細な事に怒りんぼだったりしたので、それがちょっとわかるような気がするのです。

だから、ものごとに大袈裟に反応しないでいられるようにすることっていいな、キャパが広いと生きやすいよね、と思います。

190306_01.jpg
マンション敷地内の梅が綺麗に咲いています♪

でも、人側が何かに慣らそうと必死な顔で何かをさせたり、ただただ苦手なことを我慢させながらやらせたりするのは逆効果だから、そうなっていないかどうかを意識することは大切かもしれません。

”○○に慣らす”
というよりむしろ
”(犬が)自然に行動しているうちに慣れた”

となるような環境を設定してあげることが大切なんじゃないかなと思うようになりました。


イメージできないな、という方はぜひお散歩トレーニングにご参加ください。散トレはまさにそんなに場所です。

犬たちは自分が今できる行動が出来ていればOK。
”吠え”も、その個体が今できる行動で(居心地の悪い)環境を変えようとしているものだから理解してあげたいですね。

そのうえで、それがいつの間にか減っていく、そういう環境を参加者のみんなで作り上げていくのがお散歩トレーニングです。

どうやって作り上げているのか?ということは”お散歩トレーニングって?”のカテゴリーを中心に読んでみてくださいね。

そしてぜひ一緒に歩いてみませんか?お散歩トレーニングで得たエッセンスは日常生活にもきっと役立つと思います。

犬たちの能力を褒めたたえつつ、彼らが生きやすいように・・自然とリラックスできるように、私たち飼い主がしてあげられることがあると思います。それってとても幸せなことなんじゃないかな。


============[「犬とまんまる」よりお知らせ]===========
 お散歩トレーニングはゆるゆるとした社会化のための場所。
 犬のことを一緒に学びませんか?お申込みお待ちしています。
===================================
↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓


posted by カエデ at 06:00| Comment(0) | 社会化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。