2019年03月07日

犬にわかりやすいと言われている方法も

犬達に好かれる人になるにはどうしたらいいのかな。
犬に好かれるということは、彼らと仲良くなるということ。
仲良し同士は自然と協調することができるから、そうできたら暮らしはもっと楽しくもっと豊かになりそうな気がします。


171201_01.jpg
ルビーと。いつかのお散歩風景

犬に好かれる人になるには色々な要素があると思いますが、
例えば犬のボディランゲージを見て相手が嫌じゃないように接することができるようになったり、彼らのボディランゲージを自分も使えるようになったりなどの(「動物行動学的」な)視点と、犬にわかりやすく正解を伝えられるかどうかという(「行動分析学的」な)視点が合わさると最高なんじゃないかなと思うようになりました。

クリッカートレーニングは、犬に伝わりやすい方法と言われています。
正解の合図として鳴らすあの”カチ!”という音はいつもニュートラルだし、犬が拾いやすい音のようですね。
でも音が良くても、クリッカートレーニングの手順、というか基礎・・というか行う上でのポイントをしっかり押さえていないと、実は犬に伝わりにくものになっていることがありそうです。

そんなことがとってもよくわかるのが、今年1月に受講したこちらのセミナー
「超実践的ワークショップ 『青木愛弓先生のハズバンダリートレーニング はじめの一歩』」(主催:チャーリードッグスクール)」
でした。 ブログ記事にもしましたが、先日東京でさらにブラッシュアップされたものが開催されました。

犬たち(伴侶動物たち)にわかりやすいように人間側が動く、その簡潔さを教えて頂くことができる貴重なセミナーだと思います。学んだ内容はクリッカートレーニングに限らず、伴侶動物たちとの暮らしにそのまま役立てることのできるものだと感じました。暮しの中でも褒めポイント、沢山ありますもんね。誉められれば嬉しいし(というか、誉められるということは嬉しいことのはずだし)、その時犬たちが何を褒められているのかわかれば、コミュニケーションもとてもスムーズになるのではないでしょうか。

セミナーで教えて頂くポイントを掴むと掴まないのとでは、動物たちの頭の中にともる
「!(ピカン!)」
が違ってくるんじゃないかな。

犬(伴侶動物)達の「ピカン!」の前に、まずは私たち自身の頭に”!(ピカン!)”を、ぜひ灯してみませんか?↓





============[「犬とまんまる」よりお知らせ]===========
 お散歩トレーニングはゆるゆるとした社会化のための場所。
 犬のことを一緒に学びませんか?お申込みお待ちしています。
===================================

↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓




posted by カエデ at 00:37| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。