2019年03月10日

道草の道の味

おはようございます。

うっかりマスクを忘れて外出したらくしゃみが止まらない昨日でした。^^;くしゃみも何度もしていると体力奪われるので疲れますよね。気を付けないと。

190310_01.jpg
昨日道草して撮ったクリスマスローズの写真♪

先日パラパラと読んでいた「こころの処方箋」(河合隼雄著)。
優しいことばで核心をついたお話しの数々。好き嫌いは分かれると思いますが私は面白く読みました。この本の中に、こんなことが書いてありました。


大人は子供に「道草をしてはいけない」という。
でも子供は、植物や虫、近道の発見などスリル満点の道草が大好きだ。

あるとき、豊かな生き方をしている方に、どうしてそんな生き方ができるようになったのか聞いてみたら
「結核のせいですよ」
と。

どういう意味かというと、学生時代に結核にかかって、周りのみんなが当然のようにしていることができなかった時期があり苦しかったけれど、大人になった時、そのころの経験が無駄ではなかったと思われる。
人と同じことができない辛さや悔しさを知ることができたから、弱い人の気持ちがよくわかったり色々なことに思い悩むことは意味のあることだと思えるようになったと。結核による”道草”のおかげでそう思えるようになったのだと。

”道草”によって”その道の味を知る”ことができた子どもも同様に、人生の色いろに何かしらの意味を見いだせるようになるのではないか。
目的地に早く着くことのみを考えている人は、その”道の味”を知らないのではなかろうか、と。


ああ、自分の犬育てと重なるなあと思ったのです。
犬との暮らしはじめて悩んだ時期も、この”道草”に例えられるのかもと。

あの悩んだ時期(=道草)のおかげで犬という生きもののすばらしさがわかったり自分を顧みたり、学ぶ楽しさや同じ方向を向いて学ぶ仲間に出会えた。犬育ての”道の味”を知ることができた・・。

190218_01.jpg

でも、今現在悩みの中にいると、なかなかそんな風には思えないものですね。だから、そんな道を一人であるくのは大変だから、一緒にその道草のお供をさせてけたら嬉しいなと思います。

お散歩トレーニングは、犬との暮らしに悩みを抱えた人や今はそこから抜け出した人、また犬との暮らしをもっと豊かにしたいと願う人などが集って、その日みんなで会ったこと、歩いたこと、同じ空間・時間を共有したことを祝福するような、そんな場所。
そこにくればホッとできて、なんとかその大変な時期をやり過ごせる、そんな場所。
まだまだ未熟な私ですが、そういう時間・空間を作れるようがんばりたいなと思っています。



============[「犬とまんまる」よりお知らせ]===========
 お散歩トレーニングはゆるゆるとした社会化のための場所。
 犬のことを一緒に学びませんか?お申込みお待ちしています。
===================================

↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓


posted by カエデ at 08:30| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。