2019年03月16日

視覚から嗅覚へ

おはようございます。
だんだん暖かい日が増えてきて嬉しい限りですが、もしやここ最近の頭痛は花粉症のせいでは?と感じつつある今日この頃です。みなさんは大丈夫でしょうか?

暖かくなってルビーも厚着せずにお散歩できるようになってきました。
犬は目や耳が聞こえなくなっても、嗅覚は最後まで残ると言われている犬たち。
そしてその嗅覚によって得る情報は、私たち人間とは比べ物にならないくらいの情報量だと言われていて、それにより様々な欲求が満たされたりしています。だからルビーがどんなに年をとっても、私は一緒に外にでて、様々な匂いをかがせてあげたいなあ。

150615_01.jpg
2015年6月の匂い嗅ぎ♪

ご存知の方がどのくらいいるかわかりませんが、犬達は視覚が優位になっていると興奮しやすかったり吠えやすくなったりするようです。ですのでそういう時にはノーズワークなどをして嗅覚に意識をチェンジさせてあげると良いのではないでしょうか。

お散歩などで十分に匂い嗅ぎをさせてもらえない状況が続いていると、鼻の使い方(というか、鼻を使うことを)忘れている子もいるようですので、オヤツを地面にバラまいて探させるおやつばら撒きノーズワークなどがおすすめです。オヤツはもちろん、それらの匂いと一緒に、土や草の間に停滞している他の犬や人、虫、生きものの匂いや情動までも嗅いで感じて、様々な情報を得ているかもしれませんね。

地面にばら撒かれた食べ物を拾って食べてるという行動が、犬たちの気持ちを鎮めるというのは、以前も書いた通りです。(参考→「オヤツばら撒きノーズワーク」

170330_01.jpg
2017年3月

もちろん犬は、というより動物は(人間だって)自然と興奮するものですし、嬉しかったり楽しかったりという興奮は暮らしを生き生きさせてくれるものなので、それはそのままで。そしてぜひそういうものに加えて、気持ちが落ち着くノーズワークを、上手に暮らしの中に取り入れてみてはいかがでしょうか。オンとオフのスイッチ両方を持って、生き生きと暮らしたいものですね♪



========  [「犬とまんまる」よりお知らせ]  =======
お散歩トレーニングはゆるゆるとした社会化のための場所。
犬のことを一緒に学びませんか?お申込みお待ちしています。
===================================



↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓


posted by カエデ at 06:00| Comment(0) | 犬ってどういう動物なの? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。