2019年04月30日

犬らしさを引き出せるように

おはようございます。
あいにくの雨ですが、今日はワンコ&ニャンコのいるお宅にお邪魔しに行く予定です♪(仕事ではありません。)

さてさて今日で平成も終わりですね。

平成で忘れられない出来事はなに?と聞かれたら、

「自分のもとに犬が来て、そして去っていったこと」

と答えるだろう自分がいます。

初めて迎えた犬が私にもたらしたものの大きさを改めて想います。

180508_02.jpg


昨日たまたま
「新しいものや環境に身を置くことが(新奇刺激が)苦手な人っているね」
という話を夫としていて、かくいう私もその一人で、でも、

「犬のことを勉強していくうちに自分が様々なものに社会化されていった

ということを話している自分がいました。

今でもとっても苦手なことや絶対にできないことはあるけれど、犬と行動を共にするうちに何かあっても大げさな反応をしないでいようとするようになった・・・。
それは、”犬にとっての最大の環境である私”が整っている必要があるとスクールで学んだからなのでした。そしてそれを体現しようとすると、自分がどんどん社会化されていくんですよね。


180524_02.jpg

でも、犬を学んで少し(いや大分^^;)経ってからふと彼らを見なおすと、本来の犬たちはずっとそうだったらしいことに気づきます。

何かあってもスルーがとっても上手だし、気分転換もとっても上手。しかも争いをさけるためのことばも沢山もっていて、
「犬の社会化をサポートするために」
と思って学んでいたことも、実は彼らを最初から真似すればよかった、彼らの本来の姿から学べたのだということに気づくのでした。

そういう意味でも、犬たちのボディランゲージを知ることはとっても大切なことなのだと、今改めて感じています。

同時に、彼らがもともと持っているものを引き出せるように飼育すること(ブリーディングも含め)の大切さを思います。



180528_02.jpg

ルビーはそういうことを私に教えて去っていった。

日曜日の座学で、"自分の犬の自慢話(良いところ)を隣の人に教えてあげる"というのをやったからではないですが(楽しいですよ。ぜひお散歩仲間とやってみてください♪)、彼女はいつもとても明るくて穏やかで、お散歩トレーニングの仲間の中で静かに生き生きと自分の役割を果たしていたと思います。その姿から教えられることが沢山ありました。だから私の先生なんですよね。(そして先生から教わったことは頑張って引き継がねばね。)

そんな存在との出会いと別れがあったこと。それが私の中では大きな出来事でした。

みなさんにとっての平成はどんな時代でしたか?


↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓
posted by カエデ at 10:00| Comment(0) | ルビーとの取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月29日

CDS「犬との暮らし方教室」に参加しました♪

こんにちは。
昨日はチャーリードッグスクール夏目先生の「犬との暮らし方教室」に参加しました。
が、帰宅後なぜかバタンキュー(死語?^^;)してしまい、ブログが書けませんでした。

190428_01.jpg
ハンドアウトと、講座後のオヤツ♪

「犬ってどういう動物なのか?」を学ぶ機会は色々あれど、学んだことを自分は何のためにどんな風に使いたいのか?

夏目先生の講座はいつも、そういう問いを自分に問い続けたり、気づかされたりする貴重な時間になります。

自分の犬の顔が脳裏に浮かんで胸がいっぱいになる人、思いが溢れてきてしまう人も少なくないのではないでしょうか。


190404_01.jpg


学ぶけど、学んで更に心がやわらかくなったら最高。
思い通りにできない誰かや自分を責めすぎず寛容にそして幸せであれ!と、犬たちの声が聞こえたような気がしました。

夏目先生、ご一緒したみなさま、素晴らしい時間をありがとうございました♪


↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓
posted by カエデ at 11:04| Comment(0) | セミナー・講演会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月27日

ヒトも犬語を使ってみよう♪

こんばんは。
ついにゴールデンウィークに突入しましたね。特別な予定のある方も、いつも通りお仕事の方も、体調崩さず過ごせますように。

新緑の美しい季節、ワンコとお出かけも楽しいですよね♪ただ、渋滞が怖くてこの時期あまり遠出をしたことのない我が家ですが。^^;

18041_01.jpg
去年の写真ですが。^^;

ルビーを見送ってからというもの、犬とボディランゲージで会話する機会が激減した私です。お散歩しなくなるとこんなにも犬と会う機会がなくなるのねと。^^;


それってつまりは犬にとって
”あなた”=”穏やかな犬語をしゃべる(と約束された)人”

ということは、
あなたはポジティブに条件づけされる・・ということ。

”名前を呼んでおやつ”は、オヤツを使わなくてもできる、という例の一つかなと思います。

私が散トレなどでよく使っている犬語は、(相手のパーソナルスペースを尊重することはもちろん、)
目を合わせない(目を細める)、合ったらまばたきをする、
犬に対して身体を横に向ける、
(犬に近づく時は)弧を描いて近づく、
ゆっくりと動く、
などでしょうか。

まだやったことのない方は、チャンスがあったらぜひやってみてくださいね。犬ともっと仲良くなれるかもしれませんよ♪


↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓
posted by カエデ at 23:40| Comment(0) | 古典的条件づけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする