2019年04月26日

犬のよき理解者として

こんばんは。
「かみ犬ボス」、夫も寝る前に読んで切なくて泣いてましたよ。^^;

あとがきに、とっても大切なことが書いてありました。

これは特別な犬の話ですが、しかし、人は犬に対して、いつもよき理解者であるとは限りません。犬の心をよりよくわかってあげられれば、友達に対しても、よりよい人になるでしょう。(p. 130)

思いやりをもって接する必要があるのは人間に対しても同じなんですよね。

実際、犬を学びながら見えてくるものは犬だけでなく人間が抱えている問題で、
「あなたは弱い立場の人にどう接しますか?」
と・・・・犬と真剣に向き合っているとそういうことを問われているような気がしてきます。
特にSNSの盛んな現代においては、イジメなどの問題にもつながる問いだと感じています、大げさでなく。


190426_01.jpg
ハハコグサ、マツバウンラン、オニタビラコの花畑を発見♪
ルビーとのお散歩道にて。

犬を幸せにしたいと思ったら、多すぎる情報や心無いアドバイスに傷ついた飼い主さんを追い詰めたらダメなんだな、というのを傷ついた経験とそこから立ち直る環境に幸運にも身を置くことのできた自分としては感じています。

犬を自己実現のために利用するのではなく、
シンプルに
”イヌ(という動物として)の幸せが飼い主の幸せ”
だったらきっと犬は嬉しい。

そして、その飼い主さんのそばには学びの過程、つまり、
”その時点では出来なかったり、わからなかったりするけれど、だからこそ学ぶ”
のを、
”できないことをバカにしたり叩いたりせず見守ってくれる犬のよき理解者
が必要なのだと、自分の経験からも感じています。飼主さんが悲しんでいたら犬もやっぱり悲しいのでは?と思いますもんね。




↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓


posted by カエデ at 23:50| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月25日

”全犬的”対応を

こんばんは。今日は湿度が高くてなんだか過ごしづらい一日でしたね。明日は気温がグンと下がるとか。引き続き体調にはお気をつけください。

今日のFBの投稿です。↓


* * * * *

病気になって医療を受ける時、多くの人が病気そのものに対してだけでなく、痛みや不快、不安への共感やその上に立った医療や心のケアなども同時に必要とするのではないかと思います。全人的ケアというのでしょうか。


150410_02.jpg
2015年4月のルビー。お目目まんまる♪


犬ってどういう習性で、何が嬉しくて何が嫌で、またどんな風に学習し行動するのかなどを学んだら、今度は暮らしの中でそれらを犬の為に生かせるようになりたいですね。その時…犬に実際接するときは"全犬的対応"ができると犬は幸せなんじゃないかなと、ふと思いました。


犬は私達と同じ生きもので…ではそれってどういうことか?どこが同じでどこが違くて、どこが似ているの?

こちらの本がとても参考になります。

犬のココロをよむ――伴侶動物学からわかること (岩波科学ライブラリー)
犬のココロをよむ――伴侶動物学からわかること (岩波科学ライブラリー)

人間は犬にはなれないけれど、科学が明らかにしてくれる"イヌ"の姿に、想像を巡らしたり共感したりすることはできるはず。それが人間の素晴らしさではないでしょうか。数万年も前から犬と共に生きてきたとされる私達人間が、彼らを"彼らが喜ぶ方向性をもって"思いやることができないはずはない、そう信じたい私です。   


↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓
posted by カエデ at 23:23| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月24日

犬にも人にも優しいリードワークを学びませんか?

こんばんは。
気圧が下がってきてますね。しかも明日の予想最高気温26度で明後日は17度だそうですよ。影響を受けやすいワンコ、ニャンコ&飼い主さん、どうぞご自愛くださいね。

190424_01.jpg
近所の道端のハナニラたちは、ピンクっぽい子がいてとってもかわいい♪

犬とのお散歩のお悩みをお持ちの方は沢山いらっしゃると思いますが、中でも引っ張りや吠えに困っているという方は多そうですね。

リードワークを習うようになってから、この”引っ張り” を ”自分(飼い主)が引っ張らないこと” で緩和できるということを知りました。

そして自分が引っ張らなくなると、リードのフラストレーションが無くなって犬が吠えなくなったり、またリードが張れていないことで犬らしいシグナルを出し合うことができ、それが彼らの警戒心をやわらげる(=お互いに安心する)ことで吠える必要がなくなった(のであろう)、というような場面にも多々遭遇したりしています。
普段のお散歩で吠えている犬が、お散歩トレーニングでは吠えない、という経験をする方は沢山いらっしゃいますよね。散トレではリードワークに気を付けて、犬たちが地面の匂いを嗅いだり、スペースを広く取りたい犬の動きを邪魔しないようにしたりして、彼らが落ち着けるよう配慮できる常連さんがいてくださるからだと思います。一緒に学び続けてくださるみなさんに感謝しております。

181213_002.jpg
昨年12月のリードワークワークショップ♪

こんなふうにして、リードワークとお散歩の快適さは深い関わりがあるのだなあと、リードワークを習うようになって実感するようになりました。お散歩トレーニングをするにあたってこれは必須事項だと感じているのですが、いかんせんまだ私にはその全てを誰かに教えることができる技術がありませんので、(しつこいようですが^^;)チャーリードッグスクールリードワーク・ワークショップ【5/6(祝) 横浜開催をご案内いたします。
「え?私引っ張っていませんよ、引っ張ってるのは犬ですー!」
という方もぜひ!↓ ↓ ↓ 


先日の横浜お散歩トレーニングでも、初めて3mリードを使った方がとても上手にそして楽しそうに歩いてらしたのが印象的でした。
優しいリード使いで犬も人も楽しくお散歩したいという方に届きますように!との願いを込めて♪


↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓
posted by カエデ at 23:50| Comment(0) | リードワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。