2019年04月23日

一人でいる自信

こんばんは。
今日も暖かかったですね。というか暑かった。^^;

ルビーがいなくなってから、チニタの甘えっぷりが増していて「そうか〜」と思うことしばしば。

180426_01.jpg
在庫写真ですが。^^;

部屋にいるときは誰かの存在がわかるところにいたい、触れていたいというような素振りが見えるのですよね。

ルビーも我が家にきたころは、お風呂に入れば洗面所で鼻泣きしながら待っていたり、トイレにもついてきたりということがあって、どうしたらいいんだろう?と不安になった経験がありました。
でも学んで後から知ったことは、どんどん後を追わせてOKで、追いかけて追いついてほっとする、ホッとした場所で安心して過ごせることが大切、ということ。
そしてここが重要なのですが、飼い主としてはいつも笑顔で安定していることが大切。だって心配顔は安心とは反対のものを犬に与えてしまいますもんね。だからまずは自分を整えましょう。ということでした。

やっぱり自分を育てることが先なんだなと実感した経験のひとつです。

一人でいられる自信は、飼い主さんと一緒にいる時の安心感がベースにあるからこそ得られるものなんじゃないかなと思っています。
でもそんな自分育ての道も、一人で歩くのはしんどいことが多々あるから、みんなで支え合って励まし合っていけたらいいですね。



↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓


posted by カエデ at 20:00| Comment(0) | 接し方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月22日

CDS「横浜お散歩トレーニング」に参加しました♪

こんにちは。
昨日はチャーリードッグスクール横浜お散歩トレーニングに参加いたしました。

犬にとっての良いもの嬉しいもの、気持ちを上げてくれたり落ち着けてくれるものを、日々の暮らしの中で沢山作り上げていく。そして何よりも自分自身がそういう存在になる。参加者のみなさんはそういう下準備をしつつお散歩トレーニングに参加するので、昨日も本当にまったりとした空気が流れていました。

犬なしで参加しているとなおさら感じることなのですが、穏やかな犬語(犬のボディランゲージ)を自分が使うことも、彼らにとって自分が”良いもの”になる一つの(でも結構重要な)要素だと感じています。言葉の通じない国にいって、そこで自分と同じ言葉(しかもおだやかな)を話す人に出会ったら誰でもホッとしますもんね。


190422_01.jpg

犬たちを警戒させずいつでもニュートラルでいられる自分作りが実は一番大切だったりするから、犬をどうにかするというよりもまずは自分育てが先なんだなって、犬を学び始めて数年たってからやっと気づいた私です。^^;(気づいたら実践しないともったいないですね!)

その”自分育て”の中に、”犬ってどういう動物なのか”を知る学びが含まれている。そんな感じ。

犬のことは大好きだしこれからも大好きのままでいたいけど、困っている、どうしたらいいのか悩んでいる、という方は少なくないのではないでしょうか。
でも”可愛がりたくて迎えた命と仲良くなりたい、この子を幸せにしたい”と思う飼い主さんであればきっと勇気づけられ背中を押される場所なのではないかなと感じています。

190422_02.jpg

昨日は久しぶりにワンちゃんのリードを持たせていただいてとても嬉しかったです。飼主さんと犬との間にそれぞれ大切なストーリーがあって、それをまるごと受け止めてくれる場所がCDSのお散歩トレーニングという場所なんですよね。

自分もそんな場所をつくれるように精進精進!^^;それがルビーが私に残していった宿題でもあるのかなとも感じた一日でした。

夏目先生、ご一緒したみなさま、素晴らしい時間をありがとうございました!


↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓
posted by カエデ at 16:36| Comment(0) | お散歩トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月20日

「青木愛弓先生の超実践ワークショップ”はじめてのハズバンダリートレーニング”」を受講してきました!

こんばんは。
今日はCDS主催「青木愛弓先生の超実践ワークショップ”はじめてのハズバンダリートレーニング”」を受講してきました。

伴侶動物のQOL(生活の質)向上のために、今回も一般飼い主さんからトレーナー、トリマー、獣医師の方まで、様々な分野の方が参加されていたようでとっても嬉しくなりました。彼らをとりまく世界が少しずつでも優しいものになっていく兆しが見えるようで、希望が湧きました。

特に伴侶動物たちが苦手としやすいトリミングや動物病院での診察など、”トリマーさん or 獣医さん”と”飼い主さん”との間に共通の認識(=動物に親切にしたい。不安や恐怖を取り除きたい。その為には何をすればいいか、しない方がいいのか。)があれば、彼らの暮らしはもっともっと豊かなものになると思います。

190420_01.jpg

私たちが家族として迎えた犬や猫その他伴侶動物は、私たちが可愛いとおもって可愛がりたくて迎えた命。それはある意味動物たちを自分のために”利用している”と言うことができ、だからこそ私たち飼い主は動物福祉に則った飼育をすることが求められていると感じます。ですので、可能な限り恐怖や不安を感じない暮らしを送れるようにサポートできる自分でありたいですね。

それを踏まえた上で、動物たちにとってわかりやすい洗練された動きができる(刺激の提示ができる)ようになるために、今日もしっかり体を動かして学んできましたよ。みなさんとっても楽しそうでした。きっと、このセミナーを受講する前の自分と後の自分を比べると別人!みたいになった方が沢山いらしたのではないでしょうか。
他ではなかなか聞かない、クリッカートレーニングの基礎の動きを身に着けることのできるセミナーだと今回も感じました。またどこかで開催されることがあればぜひ、沢山の方に受講していただけると、動物たちもきっと喜ぶんじゃないかなと思いました。

青木先生、そして主催のCDS夏目先生、そしてご一緒したみなさまも、楽しくかつ濃い学びの時間をありがとうございました!


↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓
posted by カエデ at 23:50| Comment(0) | セミナー・講演会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。