2019年04月06日

リードワークに夢中♪

こんにちは。
良いお天気ですね♪今日こそお花見日和な感じでしょうか。こんなに長く桜の花がもったのは珍しいんじゃないかな?なんて思っています。
今日は本当はgirs-girs(グリグリ)さん主催のリードワークワークショップ(講師:夏目真利子先生)に参加する予定だったのですが、このところのルビーの様子を見て大事をとってお休みさせていただきました。ご迷惑おかけして本当にすみません💦

そんなルビ子、食いしん坊万歳とはこのことか^^;という感じで。
食べることを褒め、排泄することを褒め・・という、犬たちの(猫たちの)当然の行動を褒め称える暮らしは、こんな風に犬の一生を支えるんだなって実感しています。

181215_01.jpg
これは去年のさいたまでのリードワークワークショップ♪

それにしても今日のリードワーク・ワークショップ、本当に参加したかったな。
私がどうしてこんなにリードワークに夢中になるのかというと、犬の楽しみであるはずのお散歩に必ず必要なものがリードであり、でもそのリードの扱い方によって楽しみなはずのお散歩がそうでなくなってしまうケースが少なからずあるなと感じているからです。
例えば強すぎるリードのテンションだったり、逆にゆるゆるすぎていざという時穏やかに止められないとか、もしくは脚や体に絡まったりしていないかな?とか。それによる吠えや突進、固まって歩かないなど、人間的には問題行動ととらえがちなもので、犬だけでなく飼い主さんも困ってらっしゃる方が多いのではないでしょうか。
犬の心と体を傷める可能性のあるリードショックやチェックなどを一切使わずに、犬が嬉しかったり心地良いと感じるリードワークでお散歩できたら最高ですよね。

110208_02.jpg
ワンコの高速回転にも対応(笑)

ただ、まだ私はリードワーク全般を誰かに教えられるというところまで到達していないので、もう必死なわけですね。^^;なので、戸外でのトレーニングが夏休みに突入する前に、少しでも多くリードワークの勉強をしたいと息巻いております。(笑)

でも犬達に
「ちょっと落ち着け」
とカーミングシグナルをバンバン飛ばされそうないよう、普段は熱い思いをひた隠しにしています。(が、漏れてたらすみません!^^;)

ちなみに夏目先生のリードワーク・ワークショップは5月6日に横浜でも開催されます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

飼主さんもプロも一緒に学べるワークショップです。(前もって「犬の森」(オンラインサロンです)で学んでおくと、ワークショップでも理解しやすいと思います。)
犬たちが心地よいリードワークってどんなもの?って興味を持ってくださる人が一人でも増えたら嬉しいです。ぜひ一緒に学びませんか?



========  [「犬とまんまる」よりお知らせ]  =======
お散歩トレーニングはゆるゆるとした社会化のための場所。
犬のことを一緒に学びませんか?お申込みお待ちしています。
===================================

↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓
posted by カエデ at 13:27| Comment(0) | リードワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする