2019年04月15日

垣根を超えた育て合い

こんにちは。
暖かな一日になりそうですね。でも昨日と比べて気温差激しいし関東は気圧が下がったあとの急激な上昇傾向。( ;∀;)体調崩しているワンちゃん&飼い主さんは辛いと思いますがなんとか乗り切れますように。

190415_190411.jpg

先日のお散歩トレーニングでとっても暖かい気持ちになったことがあります。

散トレは、小型犬から大型犬まであらゆる大きさのワンコやあらゆる年齢層のワンコ、またそれぞれ違ったお悩みを持っていたり、はたまた今は大きな悩みはないけれど社会化の継続の為に参加したり、という色とりどりのペアが一つのパックになって歩く場所です。

そのときどきで、先頭から最後尾までの距離がかなりあくことがありますが、きっと犬たちはボディランゲージや匂いでお互いを意識しながら歩いているのかもしれません。

でも人間的にはやっぱり気になって
”後ろの方の子はちゃんとついてこれてるかな?”って、
「ちょっと待って」
って自分の犬に待ってもらったりすることもありますね。

または、自分が気づくよりも先に自分のワンコが進行方向と逆に歩きだすのについていったら、最後尾の子の様子を確認しているかのような素振り(しかも心地よい距離を保ったまま)が見えたりとか。

190415_1904110_2.jpg
スノーフレークがきれいに咲いていました♪スズランスイセンともいうんですね!

それが出来るのも、”犬についていく”という歩行ができるからこそ気づけることなのかもしれません。(パニクってるワンちゃんなどの場合はまた別ですが。)
お散歩トレーニングは”トレーニング”という名前がついているけれど、軍隊のようにコマンドに従って飼い主のそばだけを歩いていなければならないというようなものではないので、犬が後ろに向かって歩こうとしたらそれについて行ってはいけない理由などありません。

後ろの方の子が気になって見に行ったら、相手のワンコや飼い主さんに「ありがとうね」って優しく言われ、満足そうにまた前を向いて歩きだす、というような光景を先日も目にして、犬と人の関係って素晴らしいなと思ったのでした。

自分の行動が犬達の思いやりを育て、また犬からもそれを教われる人間でありたいと、改めて思ったお散歩トレーニングでした。


↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓
posted by カエデ at 13:53| Comment(0) | お散歩トレーニング(開催) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする