2019年04月16日

彩の国動物愛護推進員の委嘱式でした

こんばんは。
今日は彩の国動物愛護推進員の委嘱式でした。

190416_01.jpg
本文とは関係なしの、^^;赤塚公園のムラサキケマン♪

推進員の方の中には、保護活動やそのお手伝いをしている方、また猫のTNRやミルクボランティアとしてかかわっている方など、様々な活動を通して動物愛護に携わっている方が沢山いて頭が下がる思いです。


路頭に迷ってしまいそうな子がいたら一匹でも多く救いたい、だから犬を迎えるなら保護犬を。そう思ってルビーを引き取りましたが、私のもとに来た彼女は当初の私の接し方ではあまり幸せそうではなかった。それを見て
「これじゃあ救ったって言えないよね?」
そう思ったのでした。
だから犬ってどういう動物で、彼らの幸せのためには何が必要なのか?を一生懸命学んで、自分の行動を変えてきました。

実際幸せかどうか?は、犬に聞いてみないとわかりません。でも犬は言語を話してくれません。だからこそボディランゲージから彼らの気持ちを推測する必要があると思いますし、その為にも学びが必要なんですよね。

180410_01.jpg
これは去年のルビー♪シャガがきれいだったね。

そんな経験から、私は”救われた命(家庭に迎えられた命)が身体的にはもちろん精神的にも救われますように”と強く願うようになり、またその部分のサポートが出来る様になりたいと思うようになりました。愛護活動の中でも見落とされがちなことのようにずっと感じていますが、自分が犬や猫だったら^^;かなり重視してもらいたい部分だと思うのですよね。
またそこを考えるようになると犬(猫)との暮らし自体が(良い方向に)変わると感じていますので、動物のみならず人を支えることができるのではないかと、そんな風に思っています。



↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓
posted by カエデ at 23:50| Comment(0) | 動物愛護・福祉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする