2019年04月27日

ヒトも犬語を使ってみよう♪

こんばんは。
ついにゴールデンウィークに突入しましたね。特別な予定のある方も、いつも通りお仕事の方も、体調崩さず過ごせますように。

新緑の美しい季節、ワンコとお出かけも楽しいですよね♪ただ、渋滞が怖くてこの時期あまり遠出をしたことのない我が家ですが。^^;

18041_01.jpg
去年の写真ですが。^^;

ルビーを見送ってからというもの、犬とボディランゲージで会話する機会が激減した私です。お散歩しなくなるとこんなにも犬と会う機会がなくなるのねと。^^;


それってつまりは犬にとって
”あなた”=”穏やかな犬語をしゃべる(と約束された)人”

ということは、
あなたはポジティブに条件づけされる・・ということ。

”名前を呼んでおやつ”は、オヤツを使わなくてもできる、という例の一つかなと思います。

私が散トレなどでよく使っている犬語は、(相手のパーソナルスペースを尊重することはもちろん、)
目を合わせない(目を細める)、合ったらまばたきをする、
犬に対して身体を横に向ける、
(犬に近づく時は)弧を描いて近づく、
ゆっくりと動く、
などでしょうか。

まだやったことのない方は、チャンスがあったらぜひやってみてくださいね。犬ともっと仲良くなれるかもしれませんよ♪


↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓
posted by カエデ at 23:40| Comment(0) | 古典的条件づけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする