2019年05月24日

未熟さをスルーされ

買い物に行く途中の道に、ルビーがいつも排泄していた場所があります。犬たちの名刺交換所。そこを通るたびに「ルビ子のにおい残ってるのかしら」とか考えちゃう。^^;犬ならわかるんですかね。

160412_02.jpg
懐かしい写真♪

初めて散トレに参加した時のこと。

自己紹介で

「ルビーは犬が怖いようなので、彼女の犬慣れのために参加しました」

というようなことをお話ししたのを覚えています。

その直後、みんなと歩きだしたらそれはそれは嬉しそうに、なかば飛ぶように彼女が走り出した姿を忘れることができません。(ややや?!犬、怖くないのかなもしかして?って。^^;)

そして、先生のところにたどり着いたルビーがこれまた嬉しそうに前脚をかけました。(人にもとても開かれた子でした。)

今は絶対に言わないけれど、これまた自己紹介で

「前脚をかけたら後ろを向いてください」

とお話ししていたこともあって、先生が優しくそーっと(本当はやりたくなかったのではと思います。)後ろを向いた姿も覚えています。(覚えているというか、その後思い出した光景が焼き付いています。)

170522_03.jpg

何も知らなかったあの頃。

違うことを指摘されていたらきりがないくらいだったと思うのに、失敗や未熟であることは全部スルーされた。

散トレはそのくらい犬も人も叱られない場所。

でも、だからこそ自分で
「あれ?」
って違和感に気づいて、自分のペースでゆるやかに変化していける。


叱られないから自由に色んなことが話せたり考えたりできるようになって、するとそうしているうちに自分の中に気づきが芽生えるのですね。頭の上に電球がともるみたいな、ビックリ嬉しい感じ。
ああ・・・きっと犬たちも同じなんだな。

170514_02.jpg

犬たちも、叱られない環境でその子の中から湧き上がる犬らしい言葉(カーミングシグナル=争いをさける言葉)を話せるようになるところから・・。これが基礎にあると豊かに暮らせるのではないでしょうか。

ちなみに自己紹介の時に言った「ルビーは犬が怖いので・・・」
というのは、実は彼女は犬が怖かったのではなく、相手を落ち着けるシグナルを出している(または教えている?=相手から去る、スルーする)だけだったのを、後になって知ったのでした。

犬は人間と同じ言語を話さないけれど、ボディランゲージから想像し思いやることができると思います。もっと彼らのこと、わかるようになりたいと思いませんか☆


↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓


posted by カエデ at 23:51| Comment(0) | ルビーとの取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月23日

犬は犬語で

こんばんは。
明日は暑くなりそうですね。5月なのに30度だとか。犬飼いには悩ましい季節がやってきます。この夏はどうなるんでしょうね。

190523_01.jpg
なんだかアンニュイなチニタ君。
猫とクッションしか座れないソファになっとるー。(笑)

犬との間に悩みを抱えていたり、または犬とより豊かな暮らしを送りたいと思う方に、”犬がどういう動物か”を知ることをまずお勧めするのには理由があります。

犬ってどういう動物か。
例えば犬のことば。
犬がどういう言葉を使ってコミュニケーションしているのかを知れば、自分がその言葉をしゃべれないようにしてしまっていたかもしれないことに気づけますよね。

自分を表現できないって結構フラストレーション溜まること。

ムツゴロウ先生が
「まずは相手(犬や猫)に語らせる」
ことを大切にしていると本の中でおっしゃっていましたが、きっと彼らは自分が表現できることやそれを受け入れられることが嬉しいのではないかな。

人間だって色々話したいことがあるのに口をふさがれて相手の話ばかり聞かされたらうんざりしますもんね。(笑)

180525_01.jpg
いつかのルビー♪

犬のことば・・・例えば、犬同士がすれ違う時に、お互いのパーソナルスぺースを侵害しないように大きく距離をとってすれ違おうとしたり、顔を背けたりしようとしているのに、リードを引っ張って無理やり近づけようとしたり・・・というのは、犬的にとても居心地が悪いし、「嫌だ」って言いたくなることかもしれません。

嫌がっていることもボディランゲージ(=彼らのことば)でわかるので、そうしたら
「ごめんごめん、嫌だったよね」
って言って、次からは気を付けてあげれば(嫌じゃないようにでいれば)いいんじゃないかな。

理解してもらえた感は安心感につながり、その安心感は信頼につながるのではないでしょうか。

というところまでいくのが理想だけれど、犬のこと色々学んだり、それを犬との付き合いに生かせるよう体現できるところまで行くにはそれなりの時間と道のりが必要。
”犬が”というよりも、”私が”変わるために時間が必要だなと今も感じています。

だから、理想をもちつつもゆるゆると歩けたらいいな。犬も飼い主さんが幸せなのが嬉しいと思いますので♪



↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓
posted by カエデ at 23:22| Comment(0) | 犬ってどういう動物なの? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月22日

犬を迎えたあの頃の気持ち

ツイッターを見ていたら、とある音楽の先生が

「"どう演奏するのか(ちゃんと弾けてるか)"よりも"なぜ演奏するのか"が大切なんだよ」

と言っていました。

これって色んなことに通じる言葉だなと思います。

犬(猫)のトレーニングも、方法だけを求めていると大切なものを見失うことがあるなと感じるのですね。そんな失敗をして私も学びました。

190516_02.jpg

私はなぜルビーと暮らしたのか。
彼女を迎えたあの頃の気持ち・・・。
犬が好きで、可愛がりたいからルビーを迎え、当然ですがその好きな存在を幸せにしたかった。(もう少し具体的に表現すると、彼女の生活の質をあげたかった、と言えるかも。そしてもっと具体的にいうと、(これは後からわかったことですが、)彼女がいつもご機嫌で犬であることを謳歌できる暮しを提供したかった。

190518_01.jpg

なぜ一緒に暮らすのか。

可愛がりたいから。

可愛がりたいならどう暮らす?

そう考えたら、自分がどんな方法をとればいいのか自然と見えてくるのかもしれませんね。



↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓
posted by カエデ at 23:54| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。