2019年05月07日

まずは真似してみる♪

こんばんは。
明日は未明から昼にかけての気温差が大きくなりそうですね。気圧も少し下がるのかな。
シニアのワンコ達大丈夫かなと、ルビーがいた頃のクセで天気は未だに気になってしまいます。

180506_01.jpg

私が初めてお散歩トレーニングに参加した時、自分が想像していた犬のトレーニングとかけ離れていて少々ビックリした・・というか戸惑った、という思い出があります。

犬のトレーニングというと、おすわりさせたり、フセをさせたり、呼び戻しの練習をしたり、脚側歩行を教えたり…というのを思い浮かべる方は多いと思いますが、そう言った練習をするわけでもなく、ただただ犬と一緒に笑いながら歩く、というものだったから。
つまり
"なんにもしていない(ように見える)"
ので「なんだろうここは?」と思ってしまったんですよね。

でもブログで学んだり散トレに参加していくうちに最初のころワンワン言っていた犬たちがどんどん落ち着いていくのがわかるようになったり、そしてそれを引き出しているものが何なのかがわかるようになると、目の前の世界がパーっと開けたような気持になったのです。私のほかにもきっとそういう方が沢山いらっしゃるのではないでしょうか。

180430_01.jpg

散トレに参加してすぐに自分や自分の犬の変化に気づいて、「散トレ楽しい」と思う人もいれば、最初はよくわからなかったけれども通い続けることで段々と楽しくなる人、そしてもしかすると「何も教えてくれない」と感じてしまう人もいるかも?
自由度が高い分、能動的に学ぶ姿勢が求められる場所なのかもしれません。でもそういう場所だからこそ学べること・楽しめることが沢山あると思います。昨日も書きましたが、犬の観察以外にも
”犬と仲良しの人=犬とコミュニケーションをとるのが上手い人=先生” の観察
も、散トレ参加の楽しみのひとつだったりします。
リードワークもそうですが、まずは真似することが大切だったりしますもんね♪


↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓
posted by カエデ at 23:50| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする