2019年05月17日

”犬のために”と集う場所

昨日のお散歩会のホンワカした空気の中にまだいるような今日でした。

チャーリードッグスクール夏目先生が提唱しているお散歩トレーニングの方針を「犬とまんまる」も(勉強をつづけながら)引き継いでいます。

自分や自分の犬が何かが出来るとかできないとか・・そういうことではなく、”自分の犬のために”という気持ちで集まって、その気持ちがいつしか一緒に歩く他の犬にも向けられる。そんな仲間が集う場所です。だからあんなに暖かいのでしょうね。


190517_01.jpg

吠えが出やすい子の飼い主さんは、日々のお散歩や様々な場面で、誰かが発した一言に傷ついていることが多いですね。するとそこから、
”きちんと躾けなきゃ→しっかり叱らなきゃ”という流れに乗ってしまうことも多いのかもしれません。

でも吠えたら吠えを止められればいい・・暴力や叱りでないものでそれができないかな。(むしろ叱るからこじれてしまうことが多いですね。)
「吠える必要ないよ」ということや高まってしまった興奮を、抱っこや「マッテ」や距離をとることなどでできるんじゃないかな。

190517_02.jpg

「〇〇してね」
と伝えたら
「了解!」
というスムーズな関係を築くことが躾(しつけ)、と言いかえることができるのではないでしょうか。

犬が聞きたい声、触れられたい存在になって円滑にコミュニケーションがとれるようになりたいですね。


↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓
posted by カエデ at 18:00| Comment(0) | お散歩トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする