2019年05月22日

犬を迎えたあの頃の気持ち

ツイッターを見ていたら、とある音楽の先生が

「"どう演奏するのか(ちゃんと弾けてるか)"よりも"なぜ演奏するのか"が大切なんだよ」

と言っていました。

これって色んなことに通じる言葉だなと思います。

犬(猫)のトレーニングも、方法だけを求めていると大切なものを見失うことがあるなと感じるのですね。そんな失敗をして私も学びました。

190516_02.jpg

私はなぜルビーと暮らしたのか。
彼女を迎えたあの頃の気持ち・・・。
犬が好きで、可愛がりたいからルビーを迎え、当然ですがその好きな存在を幸せにしたかった。(もう少し具体的に表現すると、彼女の生活の質をあげたかった、と言えるかも。そしてもっと具体的にいうと、(これは後からわかったことですが、)彼女がいつもご機嫌で犬であることを謳歌できる暮しを提供したかった。

190518_01.jpg

なぜ一緒に暮らすのか。

可愛がりたいから。

可愛がりたいならどう暮らす?

そう考えたら、自分がどんな方法をとればいいのか自然と見えてくるのかもしれませんね。



↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓
posted by カエデ at 23:54| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする