2019年05月24日

未熟さをスルーされ

買い物に行く途中の道に、ルビーがいつも排泄していた場所があります。犬たちの名刺交換所。そこを通るたびに「ルビ子のにおい残ってるのかしら」とか考えちゃう。^^;犬ならわかるんですかね。

160412_02.jpg
懐かしい写真♪

初めて散トレに参加した時のこと。

自己紹介で

「ルビーは犬が怖いようなので、彼女の犬慣れのために参加しました」

というようなことをお話ししたのを覚えています。

その直後、みんなと歩きだしたらそれはそれは嬉しそうに、なかば飛ぶように彼女が走り出した姿を忘れることができません。(ややや?!犬、怖くないのかなもしかして?って。^^;)

そして、先生のところにたどり着いたルビーがこれまた嬉しそうに前脚をかけました。(人にもとても開かれた子でした。)

今は絶対に言わないけれど、これまた自己紹介で

「前脚をかけたら後ろを向いてください」

とお話ししていたこともあって、先生が優しくそーっと(本当はやりたくなかったのではと思います。)後ろを向いた姿も覚えています。(覚えているというか、その後思い出した光景が焼き付いています。)

170522_03.jpg

何も知らなかったあの頃。

違うことを指摘されていたらきりがないくらいだったと思うのに、失敗や未熟であることは全部スルーされた。

散トレはそのくらい犬も人も叱られない場所。

でも、だからこそ自分で
「あれ?」
って違和感に気づいて、自分のペースでゆるやかに変化していける。


叱られないから自由に色んなことが話せたり考えたりできるようになって、するとそうしているうちに自分の中に気づきが芽生えるのですね。頭の上に電球がともるみたいな、ビックリ嬉しい感じ。
ああ・・・きっと犬たちも同じなんだな。

170514_02.jpg

犬たちも、叱られない環境でその子の中から湧き上がる犬らしい言葉(カーミングシグナル=争いをさける言葉)を話せるようになるところから・・。これが基礎にあると豊かに暮らせるのではないでしょうか。

ちなみに自己紹介の時に言った「ルビーは犬が怖いので・・・」
というのは、実は彼女は犬が怖かったのではなく、相手を落ち着けるシグナルを出している(または教えている?=相手から去る、スルーする)だけだったのを、後になって知ったのでした。

犬は人間と同じ言語を話さないけれど、ボディランゲージから想像し思いやることができると思います。もっと彼らのこと、わかるようになりたいと思いませんか☆


↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓
posted by カエデ at 23:51| Comment(0) | ルビーとの取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする