2019年06月20日

飼主も条件づけられます

こんばんは。
降りそうで降らない一日でした。湿度がスゴいですね〜。( ;∀;) 除湿器フル稼働させています。みなさんも体調崩しませんように。


170701_02.jpg

昨日の記事のガッチャエクササイズ。
鋭い方はお分かりだと思いますが、これは「名前を呼んでおやつ」の応用編です。
”名前を呼んで”の部分が”捕まえて(Gocha)”に置き換わっているのですね。

こうやって、飼い主(である自分)から出てくるものや関りが、犬にとって全て良いものになるように、暮らしの中でさりげなく取り組みます。

”いい子ね”という言葉もこの手続き(「いい子ね」と言っておやつ。)で良いものになったら、今度は
”おやつ”の代わりに”良い子ね”という言葉もつかえるようになります。

だから、例えば
”体に触れて「良い子だね」という”
も、「名前を呼んでおやつ」の応用編です。

だからこそ、叱らない。
だって怒り声で名前を呼ばれたら、名前を呼ばれて嬉しい気持ちが湧き上がってくるかな?


170705_01.jpg

切ないけれど、どんな犬も年をとります。または病気になるかもしれません。
すると耳が聞こえなくなったり目が見えなくなったり、または体の不調から思うように動けなくなり抱っこされたり介助されたりする機会が増えてきます。

そんな時、心から安心して身をゆだねてもらえるように。

耳に触っておやつ。
「良い子ね」と言っておやつ。
抱っこして(ゆっくり丁寧に抱きあげるのもコツ。)良い子ね。

などなど、沢山の良いものを作ることがいつか犬を送り出すための備えになると思います。
何かあっても安定した匂いを発する自分つくりにもとっても役立ちますよ。
だって、自分も「名前を呼んでおやつ」に楽しく取り組んでいたハッピーな状態に条件づけされると思うので。だからこの取り組みは、犬と人両者にとっての一生の宝物になると思っています。


↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓


posted by カエデ at 22:00| Comment(0) | 古典的条件づけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月19日

猫のリードワークが教えてくれたこと

こんばんは。

外の風や土の感触、太陽、草の香りを嗅がせてあげたいと思い、お散歩練習中のチニタ君。先週ワクチンチックンしてきました。

190619_01.jpg

ハーネスは全然嫌がる素振りもなかったチニタですが、リードに関しては違いました。

リードをつけて歩きだして私が彼より前に出た時など、背中につけたリードが少しでも彼の視界に入るとギョっとして^^;固まりそうになったり後ずさりしそうになったりすることに気づきました。
だから、そうならないようなリードワークをする必要があったんですよね。

実はルビー(犬)の時は彼女のおおらかさに助けられて気づけなかったのですが、ワンコでもそういうの気にする子がいますよね。


160818_01.jpg

また、チニタのそんな様子をみていると、きっとリードにテンションがかかったりしたら、拘束感から後ずさりしそうになったり、パニクったりしそうだなと思い、まずはリードが張れないようなリードワークを心掛けると同時に、【ガッチャエクササイズ】も家の中でさりげなく取り組みました。

※【ガッチャエクササイズ】は、夏目先生に教えて頂きましたが、テリーライアン先生の用語だったでしょうか。
まずはハーネスを持って「おやつ」をあげる。そこから”ハーネスを持って嫌がらないくらいの強さでテンションをかけておやつをあげる”、に移行していきます。ハーネスにかかるテンションが嫌なことではなく”良い事の前触れ”になるように、という取り組みです。(これをやったからと言って、雑にリードワークしてもOKということではもちろんありません。^^;)

ルビーを迎えた時には全てすっとばして来てしまった丁寧な取り組みでしたが、チニタを迎えたことによってそれらが本当に大切なことなのだとわかり、それをまたルビーに返していくという流れになったのでした。
ちなみにチニタが来たのはルビーが来てから4年後のことです。^^;
でもどんなに遅くても、気づいてあげられて良かったなと思っています。


↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓
posted by カエデ at 23:50| Comment(0) | 猫も | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月18日

”鼻がいい”がわかると、わからなくなること

こんばんは。

新潟方面の地震、心配です。さっき津波注意報は解除されたそうですが、大きな被害がないことをお祈りしています。

ザワザワするけど、とりあえず準備していた記事をアップしなくちゃ。
昨日ホロウィッツ博士の本の内容に関する記事を見つけました。

「犬から見た世界」というホロウィッツ博士の本の中では、犬の鼻の機能についてもっと詳しい記載があります。もうつくり自体が人間のそれをちがうんだなというのがわかりますよ。

きっと犬たちにとって鼻を使うことは、私たち人間が目で見ることと同じくらい自然で、でも”みえているもの”は犬たちの方が沢山あるのだ・・と思わずにはいられません。

もしも自分が、目を開ければ見えるはずのものもを
「見るな」
と言われたらとっても不便だし、欲求不満になるであろうことは想像に難くありませんよね。

だから、犬たちがお散歩で匂い嗅ぎを許可されないことは、彼らにとってとてもフラストレーションのたまることなのではと想像できます。


180515_01.jpg


科学が解き明かしてくれる犬たちの姿。
それらをもとに、彼らの行動(や状態)の理由をいろいろと想像するけれど、私たち人間が想像できることで足りているのだろうか。

いやいや、どんなに想像しても、もしかしたらわからないことの方が沢山あるかもしれませんよね。(というか、絶対にそうだと思う。^^;)

犬が匂いで何をどこまでわかって、それによって何をどう判断したり感じたりして、それをどう表現するのか。本当のところは犬にしかわからないことかもしれません。でも、だからこそ学びに終わりはないなあと思うし、わからないならわからないなりに、思いやりを持って接する姿勢が大切なんじゃないかなと思っています。


↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓
posted by カエデ at 23:50| Comment(0) | 犬ってどういう動物なの? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。