2019年06月17日

犬を学ぶ?何を学ぶ?

2日ぶりの、こんばんは。^^;

日曜日の朝は”公園のはしご散歩”をしてきました。

犬がいなくても(一人でも)歩きたいな〜♪と思うくらい、緑や土のある場所っていいなあと思います。

・・いや、いやいや。
ルビーと歩いた場所だからこそ、私がそこに特別な思いを持っている(=ポジティブな古典的条件づけ)のかもしれないですね。

190617_01.jpg


ツイッターなんかを覗いていると時々
「うちの犬気が狂ったのかと思った!」
って言葉と一緒にアップされている動画が、芝生の上で高速回転(と呼んでいますが、グルグルグルグル同じところを走り回ること。)していたり、地面に体をこすりつけ(ながら進んで^^;)ている動画だったりします。

でも犬と暮らして、そういうのを面白そうに(でなくとも、あなたたちってそういう生きものよね、^^;と)見つめる人に囲まれて(飼い主として)育つと、
「犬ってそういう動物なんだな」
といつのまにか納得している自分に気づいたりします。

だから、ちょっと不安になった時に側にいてくれる人の立ち居振舞いの影響の大きさを想うし、
逆にそういう時自分はどういう人のそばに居たいかということに気づく、ということも大切なことだなと感じたりします。

190617_02.jpg

私も犬のこと全然知らなかったので・・・というより”知らなかった為に
自分が知らないということにも気づかずに”あれやれこれやれと、彼らに通じない言葉で話しかけていたなあと、振り返って思います。

そして、「あれれ?なんかおかしいな」と気づいて学ぶうちに、ルビーは犬のことばで
「わからない」
「嫌だな」
って(口をムチャムチャさせたり、クジラ目(くじらめ)になったりしながら)応えていたことにある時気がづいた。

だから、まずはあれやれこれやれと言う前に、彼らのことを知りたい。彼らのことばを知りたい、、と思います。


少しでも知ってみると、自分がどれだけ無神経なことを^^;犬にしていたかがわかってビックリするんだけれど、

その気づきは次の気づきにつながって、その繰り返しがきっと犬との暮らしの外まで広がっていくんですよね。

* * * * * * *

人間はどうしても大きな表現(人間にとって表現だと思うもの)にばかり注目しがちだから、彼らの静かな表現を学んだら、見えてくるもの、犬という動物に対する感じ方がガラっと変わってくると思います。

ということで、こちらの講座をお勧めします。
一度満席になったのですが増席されたそうです♪


ぜひぜひ、彼らのことばを一緒に学びませんか?
きっと沢山の気づきがあると思いますよ。



↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓


posted by カエデ at 22:45| Comment(0) | セミナー・講演会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月15日

「君は、おれのもの」の意味するところ

こんばんは。
今日は一日中雨。チニタも近所の親戚宅の猫もベッドと一体化しそうに眠っていましたよ。

190615_01.jpg


小さい頃一緒に暮らしていた猫は、私や姉が親に叱られて泣いたりしていると、わざわざ部屋に入ってきて隣に腰を下ろしたり寝そべったりして、しばらく静かに一緒にいてくれるような猫でした。

悩み多き子供時代。^^;鬱々とした気分でいる時も、庭で植物や虫を相手にしているといつの間にか落ち着くことができたのも、彼らがただ(側に)居るということが上手だったからなのかなと思ったりします。


190615_02.jpg

・・・という貴重な経験を大人になる過程でいつの間にか忘れて、犬を迎える頃にはすっかり(よろしくない^^;)情報の渦に呑まれていた私です。

でも何かが間違っていると思って学び始めた犬のこと。


「ムツゴロウの動物交際術」という本の中に、犬がお尻(尾の付け根)をつけてくる、というような行動は

「君は、おれのもの。おれ、君のもの」

という意味がある、と書いてあって

「わぁ〜〜♪」

と嬉しくなれたのは、

君は、おれのもの」
のあとに、
「おれ、君のもの」
と書いてあったから(信頼してる、大好きって意味だと)理解できたのかもしれません。


でも、いわゆる『リーダー論』(支配性理論)に浸かってしまっている時に

「君は、おれのもの」

の部分だけ読んだら、もしかすると

”人を支配しようとしているってこと?”

なんて考えてしまったかもしれないなと思ったりします。

それを思うと、犬との間に齟齬を抱えたまま暮らすことにならなくて良かった(ルビーの為にも自分の為にも。)、学ぶといいことあるなあって心から思うのですよね。

出会った犬が大喜びしたり飛びついたりしてくれなくても、もしかするとこんな風に静かな感情表現をしているかもしれません。

彼らのそういう静かな表現をもっと知りたいと思うから、犬の学びの旅はまだまだ続きます。


↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓
posted by カエデ at 23:50| Comment(0) | 犬ってどういう動物なの? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月14日

「知ること」と「出来るようになること」

こんばんは。
明日からお天気崩れそうですね〜。不調が出る方も多いのでは。(´;д;`)老犬さん老猫さん、影響を受けやすい子もどうぞお大事に。 


天気痛ドクターの佐藤先生も、この時期多くなる心身の不調(=気象病の可能性があるそうです)について発信してらっしゃいます。


色々参考にして梅雨を乗り越え、これからくる夏にも備えたいですね。


・・・と言いながら、なかなか規則正しい生活ができない私でもあり。
知ることと出来ることはまた別なんだと、思い知らされます。^^;

180625_01.jpg

これって犬周りのことも同じで、例えば知識として
”犬には匂い嗅ぎが大切”
だとわかっても、なかなかリードを緩めることができなかった私がかつてはいたなあ、なんて思い出したりします。
そしてリードを緩めるようになれると今度は、必要な時に(ルビーが誰かのおやつポーチに顔を突っ込もうとしたり、近づいてほしくない犬に近づこうとする時に)犬を止められなくなっている自分に遭遇したりなど。

これらは一例ですが、でも学んでいると”学んでわかったつもりなんだけどそれができていない・・・なぜできないんだろう?”みたいな悩みが出てきたりするものですね。
でもそれは学んでいるからこその悩みなのかも。

だから、悩みは抱えつつもずっと学べる場所があるのはとってもあり難いことだなって思っています。

「犬のことまだ勉強してるの?」

って、思う人もいるかもしれない。

でも科学は日々進歩しているのだから。

一緒に暮らす大切な存在のことは知りたいし出来るようになりたいし、幸せにしたい。

自分の気持ちに素直に生きることが難しい時代なのかも?
でもやるかやらないかは自分が決めることですもんね。



↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓
posted by カエデ at 23:55| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。