2019年06月06日

犬猫自身の暑さ対策

こんばんは。
今日も暑かったですね〜。
でも関東地方も梅雨入り間近とかなんとか。
ということは今日は貴重な晴れだったのかな?

190606_01.jpg

暑くなってくると犬たちの暑さ対策も色々気になってきますね。

エアコンや扇風機の他にも、除湿機(我が家も導入済み)やひんやりシートを併用して、色々工夫されている方も多いのかな。

不自然に毛をカットされた犬たちの写真がツイッターに上がってくる季節でもあります。こちらの記事を読んでいただければなあ。


犬の様にパンティング(ハァハァと口で洗い呼吸をすること)をしない猫たちも、彼らなりの体温調整法を身に着けているようですよ。


犬や猫が少しでも快適に、かつ彼ららしく過ごせたらいいなあと思っています。


↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓


posted by カエデ at 22:31| Comment(0) | 犬ってどういう動物なの? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月05日

”いい子”にすることが目的ですか?

おはようございます。
湿度は相変わらず高いけど涼しい朝です。関東地方にも梅雨が来そうですね。
昨日は電池切れを起こしてしまいブログが書けませんでした。^^;

今朝ツイッターで見つけた興味深い記事をご紹介します。

親が「私は子どもを変えられる」「私の思うようにできる」と思ってしまっている部分もあるのかもしれません。読み聞かせというタスクをこなせばいい子に育つ、みたいな。でも、子どもって本当に、どうにもできない。親の思うようにはならないものですよね(笑)。(本文より)


「ムツゴロウ先生の犬と猫の気持ちがわかる本」にも夜泣きをする犬への対応のお話しから派生して、似たようなことが書いてあったのを思い出します。
夜泣きをする犬は「かわいがってほしい。とても不安だ」と言っているのだから、ふところに入れて一緒に寝てあげればいいのだ、というお話のあとに続けて、こう書いてあるんですよね。

これもまた、「ふところに入れないと寝なくなるくせがつく」と言われたりしますが、それも違います。「○○しないと将来こうなる」ーこういう考え方こそが命を育てる際にはいちばんよくありません。絶対にやめてください。
 かわいがる時には真正面からかわいがってあげてください。それが命を育てることなのです。マニュアルを作ったり、「○○しないと○○になる」「××すると××になる」などと決めつけないでください。(p.58)


命を育てる時、不安感から色んな情報にアクセスするとついつい
「○○すれば○○になるんだ」
と思いやすいですね。
失敗を叱られてきた経験ばかりあると特に

誰も失敗なんてしたくないのに、それを叱られるからなおさらそれを回避したくて、そうならない為のマニュアルを求めがちになる、というはあるなあと思います。私もそうだったので。
(だから、周りの人も大らかに見守る姿勢が求められる時代だと感じています。)

でも基礎を何度も繰り返すうちに、方法ばかり求めていると大切な基礎の部分が見えなくなってくるんだなと思うようになりました。

190605_01.jpg
猫も犬も、豊かに暮らすための基礎は同じなのではないかなあ。
その動物を知ってその動物らしさを大切にすること。
そして親和関係を結ぶこと。
そうすれば何かの時にはその関係を通して彼らを支えることが出来る。
そしてそれが自分の幸せにもなる。


それと・・・

”いい子”にすることが目的なのかな。賢く育てることが目標なのかな?

私は一緒に暮らすそのこと自体が楽しいし喜びなんじゃないかなって思っています。

そして”楽しい”はお互いが楽しくなくちゃ。
だから犬(猫)の喜びが自分の喜びであるかどうか。

飼い主としての自分は、犬(猫)たちが彼ららしく豊かな暮らしを送れるよう彼らを支える存在。何かあった時にも犬(猫)が、自分が落ち着くための安全基地として私を欲してくれる存在になるために、基礎的な取り組みを暮らしの中に自然と盛り込んでいけたら幸せだなと思っています。


↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓
posted by カエデ at 10:59| Comment(0) | 接し方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月03日

比べなくても大丈夫

こんにちは。

数日前からすごくきれいな鳥のさえずりが聞こえて聞きほれてます。
私よりずっと体が小さいのに、私より通る声を持ってる鳥って凄いなあと思ってしまいます。

190603_01.jpg
八重のドクダミ。可愛い♪

それぞれの動物が、それぞれの動物種に備わった能力を持っている。だからみんな凄い、って思います。

イヌがヒトの感情までも嗅げて、だから犬には私たちのうろたえてる感じや戸惑いまでもが全部お見通しなんだよね。って。
だから彼らに安心していてもらえるように、まずは自分が安定することを選びたい。

犬がどんな動物かを知ると、
「ああ犬ってこういうことをこんな風に感じるのか」
ということがわかり、
すると感じ方や表現の仕方になんとなく個体差があることもわかって。
そしてそれはきっと、自分の犬に合わせて自分が行動したり、方法を練ったりできるようになる手助けになりますよね。

171008_01.jpg

自分が出来ないことを誰かがやっていたり、誰かの犬が自分の犬が出来ないことをやっていたりすると、なんだか苦しい。

そんな経験のある方は多いかもしないけれど。

その必要はないことを学びました。

学校教育や家庭内で、比べられたり競争させられてばかりだった経験があると、知らず知らずのうちに自分もそうしてしまいがちかもしれません。

でも本当は苦しくならなくて大丈夫。

同じ命はないし、その上”学び”は競争ではないのだから。
誰の方が何かを色々知っているとか、何ができるとか出来ないとか上だとか下だとか。
そういうことが大切なんじゃないですよね。

競争を仕掛けられることもあるかもしれないけれどスルーすればOK。

実は犬たちの方がそういうの上手くて、やっぱり犬は先生だなって思うことが多々あります。
比べるというのではなく「凄いな」って思うしお手本にしたい。
だから犬を知るって楽しいし勉強になるんだな。




↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓
posted by カエデ at 18:17| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。