2019年06月05日

”いい子”にすることが目的ですか?

おはようございます。
湿度は相変わらず高いけど涼しい朝です。関東地方にも梅雨が来そうですね。
昨日は電池切れを起こしてしまいブログが書けませんでした。^^;

今朝ツイッターで見つけた興味深い記事をご紹介します。

親が「私は子どもを変えられる」「私の思うようにできる」と思ってしまっている部分もあるのかもしれません。読み聞かせというタスクをこなせばいい子に育つ、みたいな。でも、子どもって本当に、どうにもできない。親の思うようにはならないものですよね(笑)。(本文より)


「ムツゴロウ先生の犬と猫の気持ちがわかる本」にも夜泣きをする犬への対応のお話しから派生して、似たようなことが書いてあったのを思い出します。
夜泣きをする犬は「かわいがってほしい。とても不安だ」と言っているのだから、ふところに入れて一緒に寝てあげればいいのだ、というお話のあとに続けて、こう書いてあるんですよね。

これもまた、「ふところに入れないと寝なくなるくせがつく」と言われたりしますが、それも違います。「○○しないと将来こうなる」ーこういう考え方こそが命を育てる際にはいちばんよくありません。絶対にやめてください。
 かわいがる時には真正面からかわいがってあげてください。それが命を育てることなのです。マニュアルを作ったり、「○○しないと○○になる」「××すると××になる」などと決めつけないでください。(p.58)


命を育てる時、不安感から色んな情報にアクセスするとついつい
「○○すれば○○になるんだ」
と思いやすいですね。
失敗を叱られてきた経験ばかりあると特に

誰も失敗なんてしたくないのに、それを叱られるからなおさらそれを回避したくて、そうならない為のマニュアルを求めがちになる、というはあるなあと思います。私もそうだったので。
(だから、周りの人も大らかに見守る姿勢が求められる時代だと感じています。)

でも基礎を何度も繰り返すうちに、方法ばかり求めていると大切な基礎の部分が見えなくなってくるんだなと思うようになりました。

190605_01.jpg
猫も犬も、豊かに暮らすための基礎は同じなのではないかなあ。
その動物を知ってその動物らしさを大切にすること。
そして親和関係を結ぶこと。
そうすれば何かの時にはその関係を通して彼らを支えることが出来る。
そしてそれが自分の幸せにもなる。


それと・・・

”いい子”にすることが目的なのかな。賢く育てることが目標なのかな?

私は一緒に暮らすそのこと自体が楽しいし喜びなんじゃないかなって思っています。

そして”楽しい”はお互いが楽しくなくちゃ。
だから犬(猫)の喜びが自分の喜びであるかどうか。

飼い主としての自分は、犬(猫)たちが彼ららしく豊かな暮らしを送れるよう彼らを支える存在。何かあった時にも犬(猫)が、自分が落ち着くための安全基地として私を欲してくれる存在になるために、基礎的な取り組みを暮らしの中に自然と盛り込んでいけたら幸せだなと思っています。


↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓


posted by カエデ at 10:59| Comment(0) | 接し方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。