2019年09月30日

取り組みの基礎となるもの

こんにちは。
週末、山中湖で1泊してきました。ルビーとは一度だけ訪れたことのある山中湖。山梨県でも我が家はどうしても長野寄りの土地ばかり旅行していたので、富士山のふもとはとっても久しぶりでした。
富士山の4合目(気温18度)でミンミンゼミが一匹鳴いていたのが気がかり(?)。^^;
これからの季節、ワンコとのお出かけも本当に楽しいですね。

190930_01.jpg
もうすっかり秋の空ですね。

お散歩トレーニングシーズンも始まるということで、きっと常連さんはこの季節が来ると
「散トレ♪ワクワク♪」
という気持ちになる方がいらっしゃるのではないでしょうか。

昔大好きだった音楽をふと耳にするととっても懐かしくなって胸がキュンとするとか、キンモクセイの香りが漂ってくるとなんとも言えない気持ちになるとか、そういうのって誰にでもありますよね。
私にとってのお散歩トレーニングはそういう場所です。
「散トレ」という言葉を聞いたりそれを思い浮かべたりするだけで、ホンワカ暖かい気持ちになる訳ですね。

190930_02.jpg

どうして散トレの場所がそういう場所になるのかというと、犬にとっての”そういう人”や”そういう存在になることを目指す人”が集まるからです。

だから、叱らない。(=”叱らない”からこそそういう場所が作れる。この”叱らない”は色んなこととリンクしています。リードワークもそう、犬のボディランゲージを学ぶこともそう。)散トレでは、犬も人も叱りません。
そして”犬に何かをさせてご褒美”というのが癖になっていたらまず自分のその行動を改めて、犬に何も行動を求めずにただご褒美をあげられますか?=”ただでものをあげる”=”名前を呼んでおやつ”を暮らしの中で大切にします。

この取り組みを基礎にして、飼い主である私たちが犬にとっての”信頼できる人=安心できる場所(存在)”になれば、そういう人が沢山集まるお散歩トレーニングという場所が彼らにとって嫌な場所になるはずがありません。
そんな場所を一緒につくりませんか?ぜひ一緒に犬を学びませんか?


========  [「犬とまんまる」よりお知らせ]  =======
お散歩トレーニングはゆるゆるとした社会化のための場所。
犬のことを一緒に学びませんか?お申込みお待ちしています。
===================================

↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓
posted by カエデ at 12:53| Comment(0) | お散歩トレーニングって? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月27日

10月からのお散歩トレーニングに向けて

こんにちは。
もうあと数日で9月も終わります。早いですねえ。。。。
怖いですね。(何が?^^;)
お散歩トレーニングが10月半ばくらいから始まりますが、それまで散トレ関係のお話しをしていきたいと思います。

181129_02.jpg

散トレは、大きな意味での社会化の場だという事は、ずっと参加して下さっている方はご存知だと思います。
社会化の場だけれども、散トレには吠えたり引っ張ったりパニクッたり固まったり、というような様々な犬が参加します。
”社会化の場だけれど”と表現しましたが、実は”社会化の場だからこそ”色んな犬が参加できる場所と言えると思います。
吠えや引っ張り噛みの問題を抱えた犬と飼い主さんが参加できるトレーニングというのはなかなかないと思いますが、それではなおさら問題を一人で抱えこんでしまいますもんね。

だからこそ、社会化された犬(社会化の継続の為に参加している犬)と問題を抱えた犬が一緒に参加できる場所と時間は貴重だと思います。
散トレは人間仕様の叱り(罰したり脅したり)をしない場所なので、最初吠えていた犬も、お散歩トレーニングの終盤になるとリラックスしてその場にいられるようになる場合が多いです。一回の経験でそうならなくても、回数を重ねるうちにリラックスできるようになります。

180925_01.JPG

なぜそういう場所が作れるかというと、同じ理念やその為に必要な知識やトレーニング内容を共有している人が集まるからなんですよね。

例えば、犬にはパーソナルスペースと言って、
「ここから先は近づかないで欲しい」
という距離感があります。
だから、散トレでは犬達のボディランゲージを見て、相手の犬や飼い主さん近づいてほしくないと思っていたら、距離をとったまま一緒に歩く、ということをします。(散トレは犬同士を近づけて匂いを嗅がせるという挨拶をさせる場所ではありません。)

これがわかっていれば、吠えの出る犬を連れている方は、仲間が遠くにいてもそれは別に仲間外れにしている訳ではなく、^^;距離をとってくれているのだということが理解できるので不安にならずにすみますね。
また、近づいて欲しくないのに他の犬が近づいてくるかも・・という不安も抱かずにすみます。(吠えない犬を連れている方がこの事を知っている必要があります。)

それでも、もし吠えてしまったらお互いに(犬を叱らずに)穏便に離れて、次からはそれ以上近づかずに(吠えない距離を保って)一緒に歩けば大丈夫です。

そんな風に、参加者の方のお互いの学びがそこにいる犬と飼い主さん、そして自分自身と自分の犬を支え、リラックスに導けるような場所を作りたいと思っています。

121004_08.jpg

ということで、まずは散トレ参加の際の装備(っていうと大げさ?^^;)について簡単にこちらでお知らせします。
参加ご希望の方は確認してくださいね。

お散歩トレーニングの持ちもの&装備--------------------------------------
・両手でリードをさばくので、お散歩バッグはショルダーバッグやリュック、ウェストバッグ等でお願いします。
またショルダーバッグの場合も、バッグが動いて犬を驚かさないようウエストに固定できるものをご使用ください

・3mリード(「道満グリーンパーク」では、3mより長いリードは禁止されていますのでご注意ください
。)

・犬用おやつ
(食べ慣れたものやスペシャルなおやつをトリーツポーチに入れてお持ちください。※基本的にはおやつは自分の犬にあげることになっています。)

・排泄処理用の道具

---------------------------------------------------------------

常連さんも新しめなお仲間さんも、そしてこれから一緒に歩くことになるかもしれない方も、みんな安心して参加でき、それが結果的に犬の(そして人間も。)社会化を促進し生きやすさに繋がるような場所と時間をご提供したいと思っています。ぜひご協力お願い致します!

 
========  [「犬とまんまる」よりお知らせ]  =======
お散歩トレーニングはゆるゆるとした社会化のための場所。
犬のことを一緒に学びませんか?お申込みお待ちしています。
===================================


↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓
posted by カエデ at 13:24| Comment(0) | お散歩トレーニングって? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月23日

リードの使い方をお伝えするために

こんにちは。
台風は温帯低気圧に変わったようですが、ここ埼玉は現在南風の強風が吹いています。お天気情報を見ても全国的にまだまだ気が休まらない感じですね。みなさまどうぞお気をつけください。

* * * * *

さて、先日数か月ぶりに小田原に行ってきました。
秋からのお散歩トレーニングでリードワークもお伝えできるようになる為の特訓(?!)でした。

埼玉の「道満グリーンパーク」とつくばの「高崎自然の森」で私が開催しているお散歩トレーニングは、チャーリードッグスクールのお散歩トレーニングを継承しているので、リードワークもCDSのものをご提供できるようにと頑張っています。

190923_01.jpg

”リードワーク”というと、
「リードで合図を送ったり、リードショックをして犬の吠えなどを止めたりするのかな?」
と考える方がまだ少なくないのかもしれません。

でも、CDSのリードワークはリードショックは一切使いません。
CDSが推奨するリードワークは、”犬たちの環境エンリッチメントとして大きな役割を担っているお散歩”を充実させ、彼らのQOLを高めるためのものだからです。

”リードショックで大人しくなってハンドラーの言うことを聞くようになった”
と感じる人もいるかもしれませんが、それが犬のQOLに繋がるかというと・・・?
恐怖や痛みを避けるためにハンドラーのいうことをきている状態というのはQOLが高いとはいいませんよね?

”なぜそのリード使いをするのか”
を理解することは、
”そのリード使いをできるようになること(練習すること)”
と同様に(もしくはその前に)大切なことだと思います。
また、”なぜ?”を考える時に彼らのボディランゲージを理解する必要が出てきます。
だから、なぜその方法をとるのかを理解して彼らに接するのとそうでないのとでは、暮らしの中で犬たちが感じることに差が出てくると思います。

お散歩の時など犬がリードを着けている時に、リードを引っ張ったりショックを入れたりしなくても、側に居て欲しい時には側を歩いてくれ、立ち止まってほしい時には止まってくれ、拾い食いをして欲しくない時にはそれをしないでいてもらう(それをさせない)、というスムーズな関係を作るためには”犬ってどういう動物なのか?”という知識は外せません。
それらについては引き続きブログでも書いていきたいと思いますし、散トレでもお話ししていきたいと思います。ぜひ一緒に学んでいきましょう。リードワークも含め、私もますます頑張ります!


前回もお伝えしましたが、朝霞市主催「動物愛護パネル展」開催中です。
木曜日は午後2時から「災害時に備えて〜ペット同行避難に備えて」という内容で獣医師の先生のお話しが聞けます。
そのあと「いぬ・ねこ暮らしのお悩み相談」で私も会場におりますので、ご興味のある方はぜひご来場くださいませ。
詳細はこちらをご覧ください。↓




========  [「犬とまんまる」よりお知らせ]  =======
お散歩トレーニングはゆるゆるとした社会化のための場所。
犬のことを一緒に学びませんか?お申込みお待ちしています。
===================================


↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓
posted by カエデ at 13:54| Comment(0) | リードワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする