2019年09月23日

リードの使い方をお伝えするために

こんにちは。
台風は温帯低気圧に変わったようですが、ここ埼玉は現在南風の強風が吹いています。お天気情報を見ても全国的にまだまだ気が休まらない感じですね。みなさまどうぞお気をつけください。

* * * * *

さて、先日数か月ぶりに小田原に行ってきました。
秋からのお散歩トレーニングでリードワークもお伝えできるようになる為の特訓(?!)でした。

埼玉の「道満グリーンパーク」とつくばの「高崎自然の森」で私が開催しているお散歩トレーニングは、チャーリードッグスクールのお散歩トレーニングを継承しているので、リードワークもCDSのものをご提供できるようにと頑張っています。

190923_01.jpg

”リードワーク”というと、
「リードで合図を送ったり、リードショックをして犬の吠えなどを止めたりするのかな?」
と考える方がまだ少なくないのかもしれません。

でも、CDSのリードワークはリードショックは一切使いません。
CDSが推奨するリードワークは、”犬たちの環境エンリッチメントとして大きな役割を担っているお散歩”を充実させ、彼らのQOLを高めるためのものだからです。

”リードショックで大人しくなってハンドラーの言うことを聞くようになった”
と感じる人もいるかもしれませんが、それが犬のQOLに繋がるかというと・・・?
恐怖や痛みを避けるためにハンドラーのいうことをきている状態というのはQOLが高いとはいいませんよね?

”なぜそのリード使いをするのか”
を理解することは、
”そのリード使いをできるようになること(練習すること)”
と同様に(もしくはその前に)大切なことだと思います。
また、”なぜ?”を考える時に彼らのボディランゲージを理解する必要が出てきます。
だから、なぜその方法をとるのかを理解して彼らに接するのとそうでないのとでは、暮らしの中で犬たちが感じることに差が出てくると思います。

お散歩の時など犬がリードを着けている時に、リードを引っ張ったりショックを入れたりしなくても、側に居て欲しい時には側を歩いてくれ、立ち止まってほしい時には止まってくれ、拾い食いをして欲しくない時にはそれをしないでいてもらう(それをさせない)、というスムーズな関係を作るためには”犬ってどういう動物なのか?”という知識は外せません。
それらについては引き続きブログでも書いていきたいと思いますし、散トレでもお話ししていきたいと思います。ぜひ一緒に学んでいきましょう。リードワークも含め、私もますます頑張ります!


前回もお伝えしましたが、朝霞市主催「動物愛護パネル展」開催中です。
木曜日は午後2時から「災害時に備えて〜ペット同行避難に備えて」という内容で獣医師の先生のお話しが聞けます。
そのあと「いぬ・ねこ暮らしのお悩み相談」で私も会場におりますので、ご興味のある方はぜひご来場くださいませ。
詳細はこちらをご覧ください。↓




========  [「犬とまんまる」よりお知らせ]  =======
お散歩トレーニングはゆるゆるとした社会化のための場所。
犬のことを一緒に学びませんか?お申込みお待ちしています。
===================================


↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓


posted by カエデ at 13:54| Comment(0) | リードワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。