2019年09月30日

取り組みの基礎となるもの

こんにちは。
週末、山中湖で1泊してきました。ルビーとは一度だけ訪れたことのある山中湖。山梨県でも我が家はどうしても長野寄りの土地ばかり旅行していたので、富士山のふもとはとっても久しぶりでした。
富士山の4合目(気温18度)でミンミンゼミが一匹鳴いていたのが気がかり(?)。^^;
これからの季節、ワンコとのお出かけも本当に楽しいですね。

190930_01.jpg
もうすっかり秋の空ですね。

お散歩トレーニングシーズンも始まるということで、きっと常連さんはこの季節が来ると
「散トレ♪ワクワク♪」
という気持ちになる方がいらっしゃるのではないでしょうか。

昔大好きだった音楽をふと耳にするととっても懐かしくなって胸がキュンとするとか、キンモクセイの香りが漂ってくるとなんとも言えない気持ちになるとか、そういうのって誰にでもありますよね。
私にとってのお散歩トレーニングはそういう場所です。
「散トレ」という言葉を聞いたりそれを思い浮かべたりするだけで、ホンワカ暖かい気持ちになる訳ですね。

190930_02.jpg

どうして散トレの場所がそういう場所になるのかというと、犬にとっての”そういう人”や”そういう存在になることを目指す人”が集まるからです。

だから、叱らない。(=”叱らない”からこそそういう場所が作れる。この”叱らない”は色んなこととリンクしています。リードワークもそう、犬のボディランゲージを学ぶこともそう。)散トレでは、犬も人も叱りません。
そして”犬に何かをさせてご褒美”というのが癖になっていたらまず自分のその行動を改めて、犬に何も行動を求めずにただご褒美をあげられますか?=”ただでものをあげる”=”名前を呼んでおやつ”を暮らしの中で大切にします。

この取り組みを基礎にして、飼い主である私たちが犬にとっての”信頼できる人=安心できる場所(存在)”になれば、そういう人が沢山集まるお散歩トレーニングという場所が彼らにとって嫌な場所になるはずがありません。
そんな場所を一緒につくりませんか?ぜひ一緒に犬を学びませんか?


========  [「犬とまんまる」よりお知らせ]  =======
お散歩トレーニングはゆるゆるとした社会化のための場所。
犬のことを一緒に学びませんか?お申込みお待ちしています。
===================================

↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓


posted by カエデ at 12:53| Comment(0) | お散歩トレーニングって? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。