2019年10月18日

思い出話♪(ご存知の方もお付き合いください。^^;)

こんばんは。
グッと寒くなってきましたね。今夜はまた大雨が降りそうな予報です。台風19号の被災地や地盤がゆるくなっている地域が気になります。どうか被害が大きくなりませんように。

* * * * *


"犬"という動物…。
猫としか暮らしたことのなかった私が初めて犬と暮らし始めた時の衝撃(笑)は、今でも忘れることが出来ません。
何度もブログには書いているのでご存知の方は多いと思いますが、

「犬と猫ってこんなに違うんだ?!

と、カルチャーショックをうけたのでした。

だってお留守番出来ない(吠える)し、部屋の中ではずっとついてくるし、不安そうな顔してこちらを見つめるし…もうこっちが泣きたい!
と思ったものです。

だからこそ、
"自分が不安な表情で犬を見つめるから、犬も自分を不安な表情で見つめ返していたんだ…。"
と気づいた時、霧が晴れるように気持ちが軽くなったのを覚えています。
「なんだ自分だったのか!」
ってね。
でも犬を知らないままでは自分の行動も変えられないから、スクールで犬を学び始めました。それが約10年前の出来事です。

190516_02.jpg
5月のお散歩会☆楽しかったですね♪

目の前にいるのは1つの大切な命ですから、やっぱり一生懸命になります。
そして一生懸命になりすぎてなぜか悪いところにばかり目が行きがちになることもありますね。(これは犬だけでなく自分にも他者にも。)
「自分はここまでのことをしてあげたのに!」
とか思っちゃったりね。

でも落ち着いてみたら見え方が変わることが沢山あると思います。"問題"と思っていたものが実は"問題"ではなかった、または"問題"ではなくなった、とおっしゃる方は沢山いらっしゃいますし、私自身もそうでした。
落ち着くと周りが見えるようになってくるから・・。それは犬も人も同じですね。

だからまずは、あれをこうしたい、ああしたい、早く直したい。をちょっと横に(横でも上でも下でもどこでもよいですが。(^-^;)置いておいて、まずは肩の力を抜いてリラックスして、一緒に時を過ごしてみませんか。

お散歩トレーニングは犬の社会化の場でもありますが、人間が犬という動物に慣れる(知る、体験する、とも言えるかもしれません。)場でもあると思います。きっと「そうか、大丈夫なんだ」って思って頂けるんじゃないかな。

可愛がりたくて迎えた命。ドタバタしながらでもお互いに笑って暮らしていけたらいいんじゃないかなと思います。散トレは、そのエッセンスを体験できる場でもあると思います。ぜひご一緒しませんか?

今日の「さいたまお散歩トレーニング」は「道満グリーンパーク」冠水の為中止になってしまいましたが、11月は「所沢航空記念公園」で行う予定です。詳細が決まりましたらFBイベントページを立ち上げますね。みなさまのお申込みお待ちしています!


========  [「犬とまんまる」よりお知らせ]  =======
お散歩トレーニングはゆるゆるとした社会化のための場所。
犬のことを一緒に学びませんか?お申込みお待ちしています。
===================================



↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓


posted by カエデ at 22:39| Comment(0) | お散歩トレーニングって? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月16日

身も心も委ねてもらえる飼い主に

こんばんは。
台風が大きな爪痕を残して去っていきました。日がたつにつれて被害の全貌が明らかになり胸が痛みます。被害にあわれた方には心からお見舞い申し上げます。

こちらに投稿しましたが、18日に予定していた「さいたまお散歩トレーニング」は、道満グリーンパークが台風の影響で冠水しているため、残念ながら中止になりました。




この時期にこんなに大きな台風が来るなんて。本当に残念です。
つくば散トレは、幹事のジャムラ母さんにも公園をご確認いただき(いつもありがとうございます!)これまで通り行えそうです。
11月の「さいたまお散歩トレーニング」は道満グリーンパーク以外で使えるところが見つからなければ開催できないのですが、もしつくばまで来られそうな方はぜひぜひご参加ください。(「つくばお散歩トレーニング」は11月7日開催です。→詳細はこちら

* * * * * *

このところの自然災害の多さに、心がザワザワする方も沢山いらっしゃると思います。
いつもお話ししている「名前を呼んでおやつ」は犬や猫たちにとって、”心の保定”でもあると思います。
何かあってもニュートラルでいられるよう(ニュートラルな状態が続くよう)に、強く優しく彼らの気持ちを包み込みます。
その時、私たち飼い主も安定している必要があるから、そう思えば自然と自分も落ち着くことができます。落ち着けないときは息を「フー・・」と吐くのがお勧めです♪その呼気を聞いただけで落ち着く犬もいます。また、何か起きてしまった後にはそれを上回る笑いや脱力感^^;を演出してあげられたらいいですね。

190411_01.jpg
今年4月のさいたま散トレ♪


「名前を呼んでおやつ」を、犬との暮らしの基礎として意識していられれば、上記の様に考えられるようになるでしょう。

例えば興奮した犬の興奮を切りたければ動きをとめる必要がありますが、動きを止めるためには犬から信頼されている必要があります。だから、彼らを叱ったり脅したりする方法はダメなのですよね。どんな時も、身も心も全て委ねてもらえるような飼い主になりたいですね。そのお手伝いをさせて頂けたら嬉しいです。



========  [「犬とまんまる」よりお知らせ]  =======
お散歩トレーニングはゆるゆるとした社会化のための場所。
犬のことを一緒に学びませんか?お申込みお待ちしています。
===================================


↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓

posted by カエデ at 21:57| Comment(0) | 古典的条件づけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月11日

”飼い主さんと犬”で描く円(2)

こんにちは。
台風19号の接近がますます気になりますね。どうかどうか、みんな安全にやり過ごせますように。

さて、昨日の続きです。
社会的な動物である犬に、同族と一緒に過ごす時間を与えることは彼らのQOLを高めることに繋がるだろうというお話しで終わったのでした。

確かに、犬には犬の友達が必要です。でも何かの時には飼い主を頼ってほしいですよね。
イヌとヒトが共に歩んできた長い歴史が、私たちに似通った認知能力をも与えたということを知ると、私たちが互いを意識しながら一緒に暮らしていることはとても自然なことだと思えます。だから、ぜひぜひ何かの時には、犬を混沌から救い上げられる自分作りを一緒に目指しませんか。

191011_01.jpg

自分の犬が吠えた時(または仲間の犬が吠えた時)、散トレでは、”吠える必要のない距離”をとって歩くようにします。すると、吠えやすい犬を連れた方はみんなと離れて歩く形になるので、もしかすると一人(と一匹)で歩いているような気持ちになる方もいるかもしれません。
でも一人じゃないですよ。参加者の方の共通認識としてそれはあるし、また、どんなに離れていても犬たちはボディランゲージや匂いなどで、仲間であることを意識しているはずです。(それが見えるようになった時、きっと感激すると思います。)だから大丈夫です。

散トレは、”飼い主さんと犬”というそれぞれのペアのためのもの。
それぞれのペアがそれぞれのお散歩を楽しむ、ということをみんなで共有する時間&場所です。

もう5,6年も前にルビーと私が参加していた散トレで夏目先生が言っていた言葉をお借りすると、
大きな円の中にそれぞれの小さな円がある状態・・・ つまり、 飼い主さんの近くに常に犬がうろうろしている状態は、まるで犬が飼い主さんを中心に円を描いている様に見え、 そんな小さな円の集まりが公園内で大きな円を描いている状態が理想
だと。

この秋、犬と共に数々の美しい円を公園内に描きませんか?
”円”何て無理!”多角形”になっちゃう!という方でも大丈夫ですよ。
新しい一歩を踏み出す勇気と、そして継続して学び参加してくださる熱心さに支えられてお散歩トレーニングは成り立っていきます。一緒に歩いてくださる方に、感謝の気持ちでいっぱいです


========  [「犬とまんまる」よりお知らせ]  =======
お散歩トレーニングはゆるゆるとした社会化のための場所。
犬のことを一緒に学びませんか?お申込みお待ちしています。
===================================


↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓
posted by カエデ at 14:32| Comment(0) | お散歩トレーニングって? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。