2019年10月31日

犬について学ぶ場所

こんにちは。
もう10月も終わりですね。明日から11月だというのになんだか暖かくて、本当に冬が来るのか?!という感じです。でもちゃんと来るんですよね、さっむい冬が。^^;そしてその寒い冬にもワンコとのお散歩は続きます。むしろ犬たち(特に若いうちは)寒いくらいの方が嬉しい子もいるのではないでしょうか。

ルビーが若い頃は、私も喜び勇んでお散歩トレーニングに参加しました。

「誰がこの極寒の公園の中を2時間も犬を連れて歩き回るのだろう?」

と思いますよね?

私たちが歩き回ります。(笑)
しかも笑顔で。

ルビーを迎えたころ、私は彼女とのお散歩をどうやって楽しめばよいのかわからない時期がありました。(だからこそお散歩トレーニングに参加したのですが。)
だから、過去の私のように、犬のお散歩が何のためにあるのかまだわからなかったり、日々の暮らしのお悩みが深くて犬周りのことが楽しめなくなってしまっていたりする方にはぜひ散トレをお勧めしたいです。きっと同じように悩んだ経験のある仲間たちが笑顔で迎えてくれるに違いありません。

また、犬はずっと成長し続けますから(老いも成長のひとつ。成長のステージによって悩みも変化しつづけます。)、社会化の継続の為に参加されることも大きな意味があり、それはその犬と飼主さんのみならず、一緒に歩く仲間をも励まし支える存在になるでしょう。

190405_01.jpg

ここで何度もお話ししているに、犬たちは”ボディランゲージ”で会話をしています。
だから、それがわかるようになると、一緒に歩いていてもただ歩いているのではなく、彼らが何を意識してどう対処しているのかなどが見えてきたりするのですね。すると、”吠え”に対する理解の仕方が変わったり、今まで見ているようで見ていなかった自分の犬の姿が見えるようになったりします。そしてそれは飼い主さんにとって大きな喜びになるのではないでしょうか。

例えばルビーはいお散歩中犬に会うと”彼らにお尻を向け去る”ということをする犬だったのですが、それが相手犬に対する”敵意はない”という友好的なシグナルだということを知った時、驚きと喜びが入り混じったような不思議な感覚になったのを覚えています。(彼女が犬を怖がっていると思っていたので。)

また、ワンワン吠えているけれど、リードを緩めてあげたら吠えが止まって、とても犬らしいボディランゲージ(自分を落ち着かせるシグナル)を出せるようになったことに気づく、というのはよく目にするところです。

だからボディランゲージの意味を知ると、自分の犬がどういう感情でいるのかということや、その時どう応えてあげるのがよいのか(救ってあげた方がいいのか、それともそのまま自分を表現させてあげた方がいいのか)などの判断や対処が出来る様になってくるのではないでしょうか。

そのようになるまでには、人&犬それぞれ通る道や歩く速度、そして歩き方が違うかもしれないけれど、でも目的地へ向かって歩くその過程を叱られずに、安心して歩けることが、犬にとっても人間にとっても大切なことだと思います。お散歩トレーニングはそんな場所。どうぞ安心してご参加くださいね。


==========  [「犬とまんまる」よりお知らせ]  =========
お散歩トレーニングはゆるゆるとした社会化のための場所。
犬のことを一緒に学びませんか?お申込みお待ちしています。


=======================================


↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓
posted by カエデ at 16:53| Comment(0) | お散歩トレーニングって? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする