2015年09月11日

思わず振り向いちゃう!

みなさんは大好きな人っていますか?
歌手でも俳優でも誰でも良いです。福山雅治でもロバレでもブラピでも(昔好きな友人がいたので^^;)誰でもOKです。
漫画の中の人でもいいですよ。^^;

道を歩いていたら不意に背後からその人の声が聞こえたとします。
その人の声が自分の名前を呼んだとします。

”えっ?♡”

って振り向いちゃいますよね?

仕事帰り、疲れ切って電車に揺られている時、
ふいに後ろから大好きな人の声がしたら、思わず振り向いてしまいますよね?
そしてとっても幸せな気分になると思います。

前に書いた記事の中で時々
”罰や叱りではない、穏やかな方法で行動を止めることができる”
というような事を書いたのですが、
これがそのことなんです。

犬が思わず
「え、なあに?」
となるような関係であれば、いざという時で声や体で介入したらこちらに意識を向けてくれるはずと思うのです。

いつもいつも、犬と接する時に良い自分を意識して接して(良いものとの対呈示)、その犬の大切な人になっていれば、いざという時こちらの介入に思わず反応してくれ、応じてくれると思うのです。
何かがきっかけで興奮したりパニクッたりしている時にも、ポトリと脳ミソ奥深くに届くようなものがあれば、ハッとこちらに戻ってきてくれると思うのです。

実際私とルビーとの関係は、叱りを止めて良い自分を作るところから変わって行きました。
叱りを止めて、ご飯を上げる時に名前を呼び、おやつをあげる時にもいちいち名前を言い、いい子だねといいながらヤギミルクを与え、^^;朝起きたら笑顔で穏やかに「おはよう♪」です。

ただ、ワンコさんにも思春期というかやさぐれ期^^;というのがあって、何をしても気に入らない機嫌が悪い、みたいな時期(や個体)もあるようです。でもそういう時期こそ叱らずに、良いもので満たして、過ぎた行動はただただそれをさせない様に止める(手や体を使って止める。罰や叱りではなく止めるだけ。)
そうやってヤサグレ期も乗り越えつつ、”え、なあに?”期^^;を目指せると思うのですよね。

150911_01.jpg

我が家の場合ルビーはもう大人犬になってから我が家に来たので思春期とかはわからなかったのですが、
チニタ(猫)がルビーのハチャハチャした動きにイラッ!とするみたいで、^^;特に彼らのご飯の支度中などは思わずルビーの首元にかぶりつく、ということをし出したことがありました。^^;
なので一時期ご飯の前はチニタにケージに入ってもらっていましたのですが(ケージの中はチニタにとって既に良いものになっています)、でも、もしかしたらそんなことしなくても止められるかも?
と思って、ご飯の支度しながら「いい子だね〜」と、かなり早い段階ですり足にて介入^^;(チニタは私が脚で介入することを全く怖がっていません)して、”絶対に”(絶対にさせないというのがポイント♪)ルビーの首元にかぶりつかせない様にし続けました。
そんな事をしているうちに、チニタはご飯の支度中ルビーにかぶりつかないで^^;いられる様になりました。

犬も常に成長の過程(行動学的な成長過程という意味でも、そして自制心を育む過程という意味でも)にあることを人間側が知っていれば、
いちいち若かったり未熟だったりするワンコさんと同じ土俵に上がらずに済むし(自分もイライラと叱ったりすること)、満たす事、過ぎた行動は淡々と制することに飼い主側も集中できるんだな、というのが、私が犬を勉強しながら感じたことでした。

”犬を変えよう”、ではなく”自分が変わる事で結果として犬が、そして犬との関係が変わった。”というのが、私自身が歩んできた道のりでした。


posted by カエデ at 22:40| 叱らない・罰を与えない | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする