2016年01月18日

”疲れさせる”ではなく”満たす”

雪が降りました。
外は水浸しでとっても寒いので、今日はお散歩なしでした。ベランダに出て気分転換したり部屋の中で宝探しゲーム(部屋のどこかにおやつの入ったタッパーを隠して探す遊び)をして過ごしています。

160118_01.jpg

散歩に出られない日、ルビーが前足で私の事をトントンとして何かを要求する時、以前だったら
「体力持てあましてるのかな、体動かして疲れさせなきゃ」とか、もっと支配的だった頃は
「要求に応えたら延々また要求してくるようになるかもしれない」^^;;とか思って無視したり・・・してました。でもそれだとなんだか一緒に暮らしてる楽しさが感じられなかった。ルビーも全く話の通じない相手との生活は楽しくないにきまっています。

でも今は、お散歩出来ない日は宝探しゲームで、欲求(嗅覚を使う=探索、それと運動)を満たしてあげたいとか、何かのゲームを私がはじめる前にルビーの方からそれを要求してきたらすぐに応えて「わかってるよ」を伝えて誘いに応じるとか、そういう事が出来るようになってルビーと私の生活はとてもしっくりくるようになりました。「わかってるよ」が伝わると「(わかってるけど今はちょっと無理だから)あとでね」も分かってもらえるようになった気がします。
そして、そういう遊びの後にコトっと寝てしまうルビーはきっと、体力つかって疲れて寝てる・・・というより「満たされて寝てる」なのかなと感じます。

”○○させる”とか”犬の要求を受け入れると犬が自分をリーダーだと思う”とか”要求行動は別の行動に置き換える”とかではなく、
”欲求を満たす”とか”安心感で満たす””喜びで満たす”とか、
・・・そう、”満たす”という事を意識できるようになって、こちら(人間)側の心のザワザワがどんどんなくなっていって、いつの間にかルビーと良いコンビ・・いや良い関係が築けるようになっていたなあと思います。
だからやっぱりまず変わらなくちゃいけないのは人間なんだなって思うのでした。

posted by カエデ at 17:41| ルビーとの取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする