2016年06月30日

お散歩トレーニングで得られるもの


いつだったかのお散歩トレーニング、基礎トレを終えて広場から”終わりの会”の場所へ戻る時、先生

「ひとことも言葉を発しないで自分の犬と歩き出して下さい」

と言われたことがありました。

みんなワンコさんが付いて来てくれるか心配だったかもしれないけれど、一組、二組と林の静寂の中をワンコさんと飼い主さんペアが歩き出しました。
一組目が歩き出してかなり距離をとって二組目、そしてまた距離を開けて3組目・・・。
ワンコさんと手をつなぐように静かに歩き出すお仲間さん達と、それを包み込む林の音。
美しかったなあ。

これっていつか夏目先生がおっしゃってた

「飼い主さんの周りにワンコさんが円を描き、その小さな円が沢山集まって大きな円を描いている」

という光景。

その直線バージョンだなって思ったのでした。

160630_131205.jpg

他犬に対して吠えが出ちゃうワンコさんも、他のワンコさんから十分距離をとればパニクらずにみんなと歩けるんですよね。
もし近づきすぎて吠えたり突進したりしたら、叱らずにその時できる穏やかな方法で両者距離をとる努力をします。

一見難しそうに思える”叱らずに吠えを止める”ということも、日々を共に過ごしているワンコさん飼い主さんなら、ある程度できるようになるんだなというのが私の印象です。
それに、先生ができるのだから私達だってどのワンコさんとも出来るはず!ということでリードワークやボディランゲージ(自分が使える様になる)や理念を今一度深くふかく勉強しています。

人間がやみくもに命令したり叱ったりしなくても、距離やボディランゲージや匂いで犬達とうまくやっていけると思います。むしろその方が平和です。
言葉や力で何かを伝えようとやっきになる人間を見て、犬達は
「落ち着いて、落ち着いて」
ってシグナルを沢山だしているのだと思います。そういう動画をネットで沢山目にします。

人は主に言葉(言語)でコミュニケーションを取る生きものだから、どうしても犬にもそれをやってしまって、でも犬達はそれを理解しないから今度は力ずくで・・・
となりがちなトレーニングがあると思いますが、お互いの間に齟齬が生まれ、関係が悪化してしまうケースが多いのではないでしょうか。

犬達のことば(ボディランゲージ)を見て、それに見合ったものを提供してあげられる飼い主が、犬に信頼され、意志の疎通が図れるようになるのだと思います。
お散歩トレーニングはその絶好の場所でした。
お散歩トレーニングの時くらい、いや、その時だからこそ言葉(人間の言語)でない犬の世界を感じたい。
犬の世界にいられる事を楽しめる人間でありたいなって思います。

犬達はきっとおやつをもらうのも嬉しかったり楽しかったりするかもしれないけれど、でもそれよりも犬としての高次の喜び・・・

同族と共にに歩く事。

それも、お互いのスペースを尊重しながら一緒に歩く事。


これをルビーには与え続けてあげたいなと思っています。

posted by カエデ at 20:20| Comment(0) | お散歩トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: