2016年07月21日

世の中には良いものが沢山!作戦

前回の記事の中に書きました【世の中には良いものが沢山!作戦】とは、なんぞや?^^;

これこそがチャーリードッグスクールの”名前を呼んでおやつ”という取り組みによってつくられるもの・・・というお話しをしてみたいと思います。

ルビーと良い関係を作りたくて必死だった2009年頃に、CDS夏目先生の記事を前々年までさかのぼって読ませて頂いていたけれど、まだまだ”名前を呼んでおやつ”の意味がわからなくてもがいてました。
それでも「こんなんでいいのかなあ」と思いながら、^^;明るくルビーの名前を呼びながら彼女におやつをあげていましたね。その頃読んでいた記事。

●くどいようですが、名前を呼んでおやつ 
http://charliemama3.hatenablog.jp/entry/2009/10/08/060000

その後お散歩トレーニングに参加しながら引き続き学び、”名前を呼んでおやつ”がポジティブな古典的条件づけのネーミングのことなんだということがわかって、名前以外の様々なものもワンコさんにとって”良いもの”にしていけるということがわかりました。

私の場合、私がルビーに”良い人”と条件づけられることも含めて”名前を呼んでおやつ”という古典的条件づけの取り組みだと思ったので、叱ることも一切やめました。

この取り組みで作った良い印象のもの(好子)を使って、嫌いなものも良いものに徐々に変えていくこともできます。
その辺のことを説明されている記事もご紹介させて頂きます。


●さらに、”名前を呼んでおやつ”のカテゴリーはこちらです。


犬や猫が生得的に好きなものの印象を、特に好きでも嫌いでもないものに条件づける取り組みとしての”名前を呼んでおやつ”。
そしてそうやって丁寧に作り上げた良いものを使って、嫌いなものまで良いもの(又は大袈裟に反応しなくても良いもの)に変化させることを目指す”名前を呼んでおやつ”。
(食べものが使えない場合には優しい語りかけやスペースを尊重してあげること、その動物種のシグナルを使う事も、彼らにとってはきっと良いものであると私は思っています。)

そして、その取り組みの中で作り上げられるワンコさん(猫さん)にとって最大級の良いものは・・・飼い主である自分、なんですよね。
犬や猫達の嫌いな物にも打ち勝つくらいの強力な良いものとして自分を作り上げることができる取り組みが”名前を呼んでおやつ”なんだなと私は思っています。

それがどんな時に自分を助けてくれるかということを、私は愛猫を見送った時に思い知りました。
【世の中には良いものが沢山!作戦】のヒントになる事が書かれていると思います。手前ミソですが、2012年の記事です。


今読むと、追記したくなることもあるけれど、でもあの頃の私でさえこの取り組みによってどんなに励まされていたことか。

こんな風に、”名前を呼んでおやつ”は、我が子を天国に送り出すその瞬間にも、暖かいものを心に抱かせたまま彼らを送り出すことができる希望に満ちた取り組みだと思っています。

その子に問題があるのどうの・・・という事ではなく、
その子を大切にしたい、という気持ちが取り組みを支えいつの間にか自分が変化して、そしてまたいつの間にかお互いの関係が変化してる。

”変化させるために取り組んだから”というのじゃなくて、気持ちの上の順序としては逆なんですよね。
取り組みを支える温かいものが自分の中にあってそれに気づいて突き動かされて、そしてそういうものが周りにも沢山あってそれらに勇気をもらって、そうやって進んで行くうちに色んなものごとが好転する。そういう取り組みだと思います。

私とルビーは関係が悪くなってから”名前を呼んでおやつ”の取り組みを始めました。しかもルビーは成犬でした。でもやりなおせた。
いつからでも取り組めるんですよね、取り組もうと思えば。

160721_01.jpg

「犬といつでもいつまでも」っていうのは、チャーリードッグスクールで教えて頂いた”名前を呼んでおやつ”という古典的条件づけの取り組みの経験を、自分なりに表現したものです。

真摯に取り組むことができれば犬とはいつからでもやりなおせるし、例えワンコさん(猫さん)が虹の橋を渡った後でも、彼(彼女)の事を思い出せばまるで彼らが側にいるかのように温かいものがあなたの心に甦るに違いありません。いつまでも、ずっと。

posted by カエデ at 17:11| Comment(0) | 古典的条件づけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: