2016年11月08日

虫が見ている

澤口たまみ先生の著書、「虫のつぶやき聞こえたよ」。
私が20代の頃に読んだ本です。周りに虫が好きって人(特に女友達)が姉くらいしかいなくて寂しい思いをしていたところ、本屋さんでこの本を見つけて喜び勇んで購入しました。虫の事、自然の事、それらを想う気持ちが溢れていて読みながらジ〜ンとしてくる本です。あまり本を読まなかった私が一気に読みました。今読み返すと、科学者としての視点をもちながら温かく命を見守る姿勢が、もろ(!)私好みの一冊だったんだなと納得してしまいます。度重なる引っ越しの際にもずっとお供してついてきてもらって良かった♪


アマゾンの写真、私が持っているのとは違う装丁ですが、久しぶりに開いたこの本の中に、先生のご友人のお話しがでてきます。とても自由でのびやかに生きているその方の話しから、三尺の虫(さんしのむし)の話しになっていくのですが、みなさんは三尺の虫ってご存知ですか?

60日に一度めぐってくる庚申(こうしん)の日に眠ると、この三尸が人間の体から抜け出し天帝にその宿主の罪悪を告げ、その人間の寿命を縮めると言い伝えられ、そこから、庚申の夜は眠らずに過ごすという風習が行われた。

よく「お天道様が見ている」っていいますよね。
誰が見ていなくても神様は見ているよ、というような意味になるのかな。

この本で「三尺の虫」のお話しを知った時、私にはお天道様以外にも見ている人(虫だけど。^^;)がいるんだな^^;って思ったのでした。そしてそれが虫(と呼ばれるいきもの)であることが嬉しかった。(笑)
でも結局は見ているのは自分なんですよね。自分の良心の声をきけ・・・と。

犬の勉強をしているとどうしてもそれと繋げて考えてしまうのですが、巷にあふれる犬を脅したり体罰を与えたりするトレーニング。その方法を取ろうと思った時、あなたの中の大切なものが別の良い道を示してくれますようにと願っています。

161108_01.jpg

こちらの本の「虫の声」という章の最後の文章を引用させて頂きます。

そして、冒頭に紹介した女性のアドバイスにならえば、悔いのない生き方とは、
「心の中の『虫』に対して素直に生きる」
ということなのかもしれない。
今、私の中の虫たちはしきりに、
「自然の中へ帰ろうよ」
とつぶやいている。 (p.105〜p.106)

三尺の虫。私の中の虫。
「自然の中へ帰ろうよ」
とつぶやいている虫達。
私にとっては犬もそう、それに猫も。

大好きなもの達を悲しませるような生き方は自分のことも悲しくさせるのだから、そうじゃない生き方を求めたいな・・・って、改めて思ったのでした。


応援よろしくお願いします♪
posted by カエデ at 14:45| Comment(0) | 読みもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: