2016年11月09日

抱っこ散歩の強い味方♪

こんばんは。
冬将軍、吹いたのかな?洗濯もの、カラッカラに乾いてました。多分陽射しが乾かしてくれたというより、北風が水分吹き飛ばして行った、って感じかも。^^;

ルビーのスリングが来ました!
抱っこ散歩に良いよってお勧め頂いて、中で座れるタイプの深めのものを購入しました。

161109_01.jpg

ずっとこの中に入ったままのお散歩ではなくて、時々歩いて時々入って、という感じで使おうと思っています。(商品説明にも、長時間の使用に着いての注意書きがありました。)
肩にかけるところが幅広で、痛く成り難くて飼い主さんにも優しそうです♪

犬と暮らすのは私にとってルビーが初めて。
小さい頃、家の縁の下にシェパードの子犬が迷い込んで来て「もしかすると一緒に暮らせる?!」ってとっても期待したけど、ほどなく飼い主さんが現れて、まるちゃんという名前のその仔犬は「わ〜ん会いたかったよ〜〜!!」って顔して飼い主さんに飛びついていったっけ。
寂しく彼らの後ろ姿を見送った当時の私だけれど、あれはあれで本当に良かった。ワンコさんはいつだって飼い主さんが一番ですもんね。

その他にも近所や母の実家で飼われていたワンコさんとの様々な思い出があるけれど、その頃からいつか犬と暮らしたいと思い続けてやっとかなったのがルビーとの生活でした。
犬飼い一年生だから、年をとっていくワンコさんと暮らすのも初めてです。
戸惑いますよね。^^;
あれ?あれはやっぱりまずかったのかな。とか。「やってもうた〜」って事とか。
多分次の子がきても、その子はルビーと違うからやっぱり色々戸惑うんだろうなあと思います。

ここへ来て思い出した言葉が。

犬の勉強を続けてきて、最初のころ凄く大切にしていた言葉が蘇ってきたんですね。

強くて優しい飼い主さん。

・・・になろう!って、がんばってきたんだった私は。

犬は強い人が好き。
強さは優しさ、優しさは強さ。
強さは力じゃないんですよね。
弱いものを力で制する様なことを強いとは言わなくて。
それに勝ち負けでもなくて。

動じない強さ。
安定している事。
混沌の中にいるとき、「こうでしょ」って方向を指し示してくれる人・・・・。

ルビーのことだけじゃなくて、最近自分のリードワークとか色々細かく検証していると、
「また戻ってきたよここに」
という学びの中にいることに気づいたりします。

でも成長していないのかというとそういう訳でもないから面白いですよね。

だから

「あなたが(私が)そんなだからダメなんだ」

じゃなくて。

犬育て、自分育て、頑張っている人を(頑張っている者同士も)応援しあっていきたいですね!
一緒にがんばる仲間が側にいてくれますように!


応援よろしくお願いします♪
posted by カエデ at 19:36| Comment(0) | ルビーとの取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: