2016年11月18日

犬の喜んでる顔

私が犬を迎えて一番最初に混乱したのが、(小さい頃から一緒に暮らしていた)猫と違う表現方法を持ってるってことでした。

しっぽ振ってれば喜んでいるのだと思ったし、
口が開いてれば笑ってるみたいな顔に見えたので、
緊張でパンティングしてる時の顔なんかは写真だと見分けつかなかったりしました。
ひっぱりっこやボール遊びも疲れて眠るまで延々やっていいものだと思っていた。^^;

でも実際は興奮しすぎていつまでも部屋の中ウロウロして全く眠る気配なし。^^;みたいな。
体は疲れてるんでしょうけど脳の興奮のスイッチがオフにならなかったんでしょうね。そういう時、彼らは「犬が人の上になってるから人の言う事を聞かないんだ」なんて言われてしまうのかな。

上で書いたように「緊張」や「興奮」を「楽しんでる、喜んでる」って読み違える事もあれば
楽しいことはずっと楽しくて、その楽しさ(=ポジティブな興奮)が度を越えるとネガティブな興奮に変わる(興奮し過ぎて何がなんだかわからなくなるような)ということもあまり言われていないことなのかもしれません。(人に当てはめたらわかりやすいのに、こういうところが人間て不器用ですよね。^^;人と犬は違う、けど同じところも沢山ありますもんね。)

161118_01.jpg
犬と猫は違います。でも同じところもある。

でも、犬達の表現、まだまだ私も勉強中ですが一緒に暮らしているとだんだんとわかってくるものですね。もしくは、わからないからボディランゲージや犬の習性を勉強してわかるようになってきたことも沢山あります。

それに、この”興奮”自体もひとくくりに判断できなくて、ある程度の興奮は楽しむためには必要だし、でも過ぎた興奮になる前に(または行き過ぎてしまっても)人が穏やかに介入することで止めてあげたい、と思うようになりました。
(あ、変な興奮が高まってしまったり、緊張で動けない子には、こちらのおやつばら撒きノーズワークはおススメです♪)

犬達への穏やかな介入がうまくできるようになる為に、まずは人側が怒りや混乱といったネガティブな興奮をおさめられるようになりたいですね。

応援よろしくお願いします♪
posted by カエデ at 17:00| Comment(0) | ボディランゲージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: