2016年11月30日

”クレートに入っててね”トレーニング

クレートトレーニング、でもやっぱり必要ですよね。
(”でも”って?^^;昨日の猫さんブログの続きなのですが。^^;)

クレートを大好きになってもらうトレーニング。
・・・なんですけど、
もっと人を介している感じがあるなあと思って。

ワンコさんに
「クレートに入ってね」
って言ったら入ってもらって、そのままおとなしく寛いでいられる様にするトレーニング。
だからクレートトレーニングというより、”クレートに入っててねトレーニング”って言った方がしっくりくるなあとか。
しっくりきてるのは私だけかもですが。^^;

161130_01.jpg
2014年八ヶ岳旅行にて。


ワンコさんがそうなれるように、どう飼い主がセッティングできるか、っていう飼い主側のトレーニング、というか。

ただ、ルビーというワンコはあまりその辺悩みがなかったので、色々工夫して取り組んだかと言えばそういう事もなく。自分に具体的なアイデアがあるかというと、あまりないことに気づいてしまった。^^;
なので先生のブログを調べてみました。^^;


演出の仕方が勉強になります。m(__)m

ちなみにチニタとのクレートトレーニングは、私が彼をすんなり抱っこできるようになってから始めました。抱っこできるようになったら、そのままキャリーに入れてしまっても全然嫌がらなかったので、入れてすぐ出してをやったり、入れたらオヤツを大盤振る舞いしたり、あとは大好きなおやつやおもちゃを入れておいて、クレートのフタをこじ開けて入って行きたいくらいの気持ちを持たせたりしてました。
でも、クレートに入っても、入った状態でそれを動かすのはまた別の刺激なので(動いてどこにいくかでもまた違ってきます。家の中は大丈夫。でも外は嫌とか。)、今取り組み中です。(エレベーターに乗って1階まで行って帰ってくる、が出来るようになりました。)
って、また猫の話しになってしまった。^^;

でもこれ、これをやる人によってはできないこともあるので、やっぱりまずは犬さん猫さんに警戒されない人になることが大切ですよね。

猫さんは野生に近いから色々敏感で(違いがわかるので)鍛えられます。猫さんぽい子が多いと言われる柴犬の飼い主さん、勝手に親近感持ってます!(笑)



応援よろしくお願いします♪
posted by カエデ at 22:14| Comment(0) | クレートトレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: