2016年12月02日

適性飼養を”社会化”という視点から考える

今日は、埼玉県朝霞市で活動する「動物との共生社会を目指す会 Vest.」さんの展示会場にて、『犬と猫の適性飼養を”社会化”という視点から考える』という内容で、約1時間お話しをさせて頂きました。

161202_00.jpg
メンバーの方が写真を撮ってくださってましたのでお借りしました♪

お話しさせて頂くに当たって、改めて適性飼養ってなんだろう?と思い、”適性飼養&朝霞市”で検索してみると、市のサイトがヒットして、そこにこんなことが書いてありました。

ペットを飼うというのは、その生涯にわたり愛情と責任を持つことです。ただ餌や水を与え生かしておくことではありません。自分のライフスタイルやペットと過ごせる時間、経済的なことなどを考えて、「飼いたいペット」より「飼えるペット」を選びましょう。
(市のホームページより引用。)

では、この愛情とか責任というのは、どういうことなのかな?
私達の愛情は正しくワンコさん猫さんに届いているのかな?
責任を持つ、ってどういうことだろう?
もしかして、犬目線、猫目線で見ると、今まで人間目線でしてきたことが違う見え方をするのではないかな・・?

ということで、吠えや、逃走、攻撃など、一般的にワンコさん猫さんの問題行動とされるものを、”社会化”という視点で考えてみました。

社会化とは・・・

ある個体が発達・成熟とともに所属する環境条件下において適切な認知的、情緒的、社会的行動を学習していく過程をいう。その動物においても社会化は種特異的に社会に適応するうえで必須である。
(略)
特に犬などの伴侶動物においてはヒト社会への社会化が重視されている。
(行動生物学辞典より引用)

社会に適応する・・つまり世の中の様々なものごとに慣れる、ということかなと思います。私が学ぶ犬の学校でもよくお話しにでるのですが、嫌いなことにも大袈裟に反応しないでいられるようになる(吠えたりパニックに陥ったりしない)、というようなことかなと。

犬や猫との暮らしの中のお困りごとは、人間にとっての困りごとであるかもしれませんが同時に彼らもどうしていいのかわからなくて困っているのかもしれません。
犬さん猫さんなりの言い分があって、それは彼らが持つ”距離の概念”(こちらを参考にさせて頂きました。→「犬の安心感(犬の距離の概念) 」)を知る事や”ボディランゲージ”を感じ取れるようになることで、彼らの言い分に耳を傾けてあげることができるかもしれません。そうしたら吠えや噛みが出る前に彼らの意に沿う対応が出来、吠えを悪化させたりお手入れできなくなったりを予防できるかもしれませんね。
そして犬さん猫さんからは”この人わかってくれてる!”って、彼らからの信頼を得ることができるかもしれません。

その為にも、まずは社会化の担い手である飼い主としての自分が、彼らにとっての嫌な存在(欲求階層の底辺にある”命の安全を脅かす人”)にならないように気を付けたいです。暴力をふるったり、罰したり、押さえつけたりというのはいくら”その子の為”と思ってもしつけとは言えないですもんね。^^;模倣されて困らない飼い主、聴く耳を持ってもらえる飼い主になって、適切な介入ができることを目指したいです。私達飼い主の責任は、彼らを社会に順応させてあげること(=社会化)と言えるのではないかな?と思ったりします。

・・・というようなお話しをさせて頂きました。
市内外から10名以上の方がご参加下さり、その中には朝霞市の職員の方もいらっしゃいました。みなさま、熱心に聞いて下さり本当にありがとうございました。m(__)mそして、みなさんのペットとの日常のお話しを伺う事ができて嬉しかったです。
また、こういった機会を与えて下さったVest.さん、本当にありがとうございました。
vest.さん主催の展示会は4日までやっています。ご興味のある方はぜひお立ち寄りくださいね。


また、勉強会をやらせて頂くにあたり、上記以外で参考にさせて頂いた本はこちらです。






応援よろしくお願いします♪
posted by カエデ at 20:15| Comment(0) | 動物愛護・福祉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: